スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にんじゃりばんばん!!



今日はお陰様で非常に忙しい一日になりました。

こんな日はついつい自分のトレーニングの手をぬいてしまいがち。

トレーニングを1年で考えたら毎日トレーニングし、全ての部位を5分割してみると年間で、一部位は70回程度したトレーニング出来ません。

仮に週に3回のトレーニングとしたら…。

余りの回数の少なさにトレーニングを流すなんて、ぞっとします。

しかし、体調もあるし人間だから乗らない日もありますよね…。

そんな日は私は大好きな音楽をiPhoneでボリューム爆音にしながら何もかも考えられないくらいにがむしゃらにやる様にしています。

まぁ、毎日トレーニングしますから自然と音楽もリピートになり、飽きがきます。

私は基本的にハード系のHIPHOPを聞きながらやるのが大好き!

次には少女時代やカラ。

まぁ、こんなリピート状態を打破しようとiTunesを毎日の様にみながら、聞きながらテンションの上がる音楽を探してます。

で、今回はテレビCMで良く流れるきゃりーぱみゅぱみゅのにんじゃり…とか言う曲をテンションが上がりそうだなぁ…と聞いた事も何の根拠もなく、とりあえず250円でダウンロードしてみました。

私はあまり日本の楽曲は聞かないし、特にアイドル系は本当毛嫌いしてるくらいです。
いくらノリが良くても何とか48は絶対聞かないし、テレビも出演してるのを見たらすぐに消すくらい。

しかし、何だかきゃりーぱみゅぱみゅのこの曲だけはCMで非常に気になってました。

ダウンロードした「にんじゃりばんばん」とか言う人をバカにした様な題名ですが、イントロからかなりガツンときました!

少女時代並にハードワークが気にならないくらいテンション、気合いが入る素晴らしい曲です。

こうなれば今日のトレーニング中は全てリピートしたにんじゃりばんばん!!

おかげでいつも以上のパワーに充実したトレーニングが出来ました!

きゃりーぱみゅぱみゅ様々です。

今日のトレーニングは最初は加圧ベルトをめちゃくちゃ強めの250の圧にセット。

ケーブルローププレスダウン プレート7枚で100回。

ワンハンドケーブルカールプレート3枚で10回からワンハンドプレスダウン6枚で10回。ワンハンドケーブルリストカール6枚で30回を左右5セット。

カールマシン6枚で10回を10秒インターバルで10セット。

ケーブルアッパーカール。
ラットプルマシンを使いツーハンドで頭上45度に腕を差し上げ、額にバーをカールする。
3枚で10回。
続けて、同じケーブルでワイド(肘を大きく開くくらい)でプレスダウン。
ポイントは肘を伸ばしだけではなく、内旋させてしっかり収縮させる。
6枚で10回を5セット。

加圧ベルトを外して、
20kgのダンベルカール。左右交互にしっかり収縮させる。
左右10回づつ。
続けてナローベンチプレス120kgを10回。
ナローベンチプレスは脇を締めて肘を折りたたみながら必ず胸に着くまで下ろし挙上は肘を伸ばし切る。
ポイントはフルレンジ。
これを5セット。

腕のトレーニングのポイントは二頭、三頭をバラバラでトレーニングせずにスーパーセットを組みトレーニングした方が確実に腕は太くなります。

バランスは大切ですが、拮抗筋を同時に鍛える事が必ず腕を太くしていくと思います。

カールだけを頑張って反動を使いながら関節に効かせるのではなく、二頭、三頭双方を同時に鍛える事で、よりストリクトにより、確実に筋肉に刺激を与える事が出来るのです。

胸や肩、背中で腕の関節はかなり無理を強いられています。
腕単体でトレーニングする際に更に関節に負担をかけても仕方ないのです。
刺激は筋肉に与えるものです。
ストリクトでトレーニング出来る重量は必ずマックスまで上げる必要はありますが、ポイントは反動を使わない重量。

ネガティブワークをおざなりにしていく様な重力に任せる様なトレーニングフォームを見直し、腕こそ拮抗筋を刺激するスーパーセットが必ずや腕を太くしてくれます。

また、前腕のトレーニングを忘れない様にしましょう!

ポパイはやり過ぎかも知れませんが、前腕が太くて見栄えが悪い人はいません。

明日もきゃりーぱみゅぱみゅで脚を頑張ります!

スポンサーサイト



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。