スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロサンゼルス グルメ編 1

今回のロサンゼルス、ラスベガスも連日連夜あらゆる食事を堪能しまくったバルクアップの旅となりました。
滞在中に体重を計らる事をあえてしていませんが、確実に増えていることでしょう…!?
多分、100kgオーバーかな…??


しかし、いつ誰が言い出したんでしょう…アメリカでの食事はまずい…と。
私が昔から言われたり、聞いたりしたアメリカ料理は大味で脂っぽくて量が多くて美味くない…と言う情報。
確か、あの美味しんぼでも海原雄山も食べにくい、手が汚れる、など否定し、美味いのはフランス料理だ!みたいな…。

私がこれまで少ない経験ながら美味い!!と感動したフランス料理はまずありません。

だいたいがアメリカ系の料理。

まぁ、元はヨーロッパからの料理でしょうが、ピザにしても、寿司にしても、パスタにしてもアメリカで工夫され、更に美味く昇華したようにしか思えません。
やっぱりアメ食!最高!と言う事で今回食べた食事を振り返り、アメリカ万歳といきたいですね。

まずはロサンゼルス空港からリンカーンブルーバードを進み、マリナデルレイ近くの26カフェで食べたフランス系アメ食!
噂にたぐわぬ実力で常に長蛇の列!


ここのインターナショナルなバーガーが最高に美味い!
寿司系バーガーはガリに海苔にワサビと日本とアメリカの融合!

量、質とも抜群な満足度。

サラダもいい!!
アメリカ人はサラダと言えば必ずアボカドが付く!位大好き。
私はサラダはドレッシングを飲む位にしか思ってません。
野菜以上に重要なのはやはりドレッシング!
ここのドレッシングは何でも美味い!


26カフェでこれまた絶賛なのはフレンチトースト。
ただのフレンチトーストではなく、どのフレンチトーストもフレッシュフルーツが山ほど乗り、合わせたフルーツシロップがスープか!?と思わせるくらいタップリかかっています!


アメリカで外せないのはやはりステーキ!!
いくら我々ががんばっても肉を食べてきた歴史は絶対的に違い過ぎます。
アメリカでも日本な神戸ビーフや松坂ビーフは有名で高級レストランでは食べる事が出来ますし、確かに人気はあります。
しかし、倍はする価格とサシと言われる脂がのり過ぎてたくさんは食べられないし、アメリカの高級な赤身を食べたら日本のビーフは食べたくなりません。
私は段違い、もしくは全く違い食材じゃないか?位の差があると思います。

アメリカ牛も熟成し、カットの良い店ではナイフがスッとはいり、柔らかい中にかみごたえがある、最高の肉です。
私は絶対にアメリカ牛の方が肉に風味、焼き方、提供の仕方含め日本を確実に凌駕しています。
まぁ、ファミレスのステーキではそれは感じられませんから、ぜひたまの海外旅行ならご褒美で有名ステーキ屋さんに出掛けてみて下さい。

オススメはサンタモニカにあるBOAとロデオドライブ近くのビバリーヒルズのMASTROSステーキハウス。


今回は山岸プロらとディナーミーティングを兼ねて。

このお店は予約無しではほぼ無理なお店でビバリーヒルズならず世界の
セレブがご愛用するお店で、必ず予約して出掛けてみて下さい。

しかし、店内は真っ暗過ぎてメニューも満足に見れない位。
ですから、料理を見て盛り付けを眺めて楽しむ様なお店じゃないです。

ここがヨーロッパの方がアメ食をバカにする一つの要因かも…。
皿にはドカンとステーキだけが乗り、付け合わせは別に注文も多分、3.4人前はある量。


アペタイザーも何を食べても美味いですが、こちらは華やかな皿にはなってます。
シーフードもオススメ。


更にデザートはやはり秀逸。
ケーキには生クリームが必ずついてきますが、これがまた絶賛。オーダーが入る度に作るらしく今迄食べた生クリームでも不二家と匹敵する美味さ。
バターケーキが一番美味いかも!

このお店のトイレには何から何まで揃えてあるスペシャルなトイレ。


かなり笑えます。
チップはお忘れなきよう。
スポンサーサイト



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。