スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


J.E.T.S!JETS!JETS?JETS!

無事にメットライフスタジアムに到着もまだまだ素直にスタジアムには入れてくれません。

まずは手荷物を一切持っての入場はNG、全て預ける場所があるのです。
まぁ、昨今のテロなどを受けてのことでそれらはより厳しく、飛行機に搭乗する手荷物検査のよう。
今すぐ必要な財布や貴重品だけを透明なビニール袋に入れて入場します、いわゆる手ぶらな状態しか入場出来ません。

スタジアム到着時間は余裕を持って出掛けたにも関わらず、プレーボール予定の1時のギリギリ…(>_<)
スタジアムからはオープニングを紹介する大歓声に国歌斉唱が聞こえるし、焦る、焦る!

それでも何かアクシデントや事件があれば8万人に被害がおよぶ大スタジアム!!
淡々と入場チェックを行います…。
席を探しつつ、はやる気持ちを抑え、スタジアム内に到着すると…!

8万人の人を一度に初めて見た!!

試合よりスタジアムの余りにも巨大な規模、高さ、デカさに唖然ボーゼン…!

メジャースタジアムもスゴイと思っていましたが、桁が違う…と言う奴。
ワンプレイ、ワンプレイに轟音の様に沸き立つ歓声。

ここ、メットライフスタジアムはスポーツ以外にも、U2など有名アーティストのコンサートが開催されるスタジアムで、2013年にはあのWWEのレッスルマニア、2014年には世界最高の視聴率を叩き出す第48回スーパーボウルとビッグイベントを開催しましたが、どちらも野外というまだ肌寒い環境、なおかつスーパーボウルは2月という極寒の野外での開催と異例中の異例と評判になりましたね!
メットライフスタジアムは寒い地区としては屋根がない非常珍しく存在らしいです!
何でも総工費にお金がかかり過ぎてオーナーが屋根をつけるのをためらい、大ブーイングになり、全米でも賛否両論飛び交うスタジアムらしい。

今日も気温は3.4度。スタジアムに入り込む風の冷たさは凄まじく、キャップにネックウォーマーにホカロン、ダウンジャケットの重ね着でも震えるくらいです。
ビールは試合開始から最後まで冷たいままだし、チキンナゲットもホットドッグもあっという間に冷凍食品に早替わり…。

しかし、最初から最後まで歓声はずっと鳴り止まず、応援なのか、怒号なのかわかりません!

私は正直、NFLは名QBイーマラニング率いるNFCの古豪、名門ニューヨークジャイアンツのファン!
日本の野球で言えばニューヨークジャイアンツがいるNFCは巨人がいるセ・リーグ。ニューヨークジェッツがいるAFCはパリーグみたいなもんでしょうね。
しかし、ニューヨークのファンと言うよりアメフトファンはとにかく熱い!!
今日はジェッツの応援でなければ、席では周りからつまはじきにされてます。
ジェッツにはファンが一緒に応援するフレーズがあり、「J.E.T.S!JETS.JETS.JETS!」と連呼するだけ!
後はお決まりの罵倒(~_~;)
私の横にはただ一人、ドルフィンズのユニフォームを着た人が居たのですが、ずっと嫌味を言われてました。
特に今日はジェッツのトライにつぐ、トライでスタジアムは大盛り上がりで周りからイジられ余りにもかわいそうなので、小さな声で私はドルフィンズファンだとなぐさめてやりました。

しかし、あれだけずっと踊るチアを誰一人見てません。やはりアメフトは硬派な男のスポーツだなぁ。
観てる観客も野球と違いとにかく巨大な輩がいっぱい。
電車を待つ間もスタジアムに入る前も私が一番小さな身長で前が見えません!!
良くこんなアメリカに戦争しかけたなぁ…(>_<)
戦前に日本の内閣や軍部が大挙してアメリカに来て視察してたら絶対に戦争を仕掛けようと言う気にならなかったと信じて疑いません。
やはり、ボディビルも野球も何事も日本でちょこちょこ満足するより、男なら大海を知れ!!と強く感じました!

一緒に観戦に行ったバスケットプレーヤーのBFもかなり熱く応援してました!

結局、ジェッツがドルフィンズを圧倒!
第4クオーターにはダラダラ感が満載でしたが、サックもインターセプトも豪快なタッチダウンも観れて最高でした!

しかし、すでに第3クオーターにはある程度勝敗が決まっていたので、徐々に帰り出す観客が増え、ゲームオーバーにはスタジアムはガラガラ…!

1/3には人は減り、帰りは比較的楽になってました。

とにかくジェッツが買って良かった良かった!

メットライフなだけにスヌーピーもいるし。

しかし、寒すぎて食欲も減退…!
ペンステーションあたりのバッファローウィングの美味しいお店で軽~くディナー。

ここにもジェッツファンがいて盛り上げてましたが、バカばっかり…!

アメリカでいかに日本人が優秀か、知るのもいいかも知れませんf^_^;)



スポンサーサイト



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。