スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありがとうございました!


何だか昨日のブログは泣き言ばかりの内容になってしまいました…。
かなり反省してます、はい。

泣き言を言う暇があればバーベルを握れって感じました。

にも関わらずFacebookでは過去に無いくらいのコメントをたくさんいただきました。

ある方は良い治療院を教えてくれたり、良いトレーニングの方法を教えてくれたり。
オヤジの泣き言に真剣に連絡して頂き本当に幸せです。

温かい言葉に甘える事なく、更に自分をイジメ抜いて行きたい、そんな決心が改めて出てきました!!

決意として、今日は湿布もサポーターもしない!!って本末転倒か…!?

まぁ、皮膚もかなりダメージ受けてるから一休み、一休み!!

肘は痛いが、今日はかなり朝からテンションが上がってます!!

と言うのも、またまた東京オープンに出場すると言う方がトレーニング、食事、ポージングを見て欲しいと連絡を受けてたからです!

先日のスゲーカラダのAさんじゃないですが、今日の方は違う意味で私が最大にリスペクトする方でした!

今日お見えになったのは大串さんと言う方。

初めてボディビルのコンテストに出場をすると言う方ですが、なんと!?年齢が70歳!!

昨年の11月に旧初台にトレーニングにお見えになった方も70歳でしたが、別人。

いゃあ…圧倒されます。その意欲にひたむきな努力。

まさに見習うべき大先輩です!

現在、通うジムにはコンペティションに対してご指導できる体制でないらしく、わざわざ遠くから初台までお見えになってくれました!!

まず、70歳とは思えない体躯。
パワーもあるし、バルクもたっぷり。

トレーニング頻度もかなり良好!!

しかし!!

お話を聞くとやっぱり圧倒的に食事のレベル、量が悪い…。
減量が先走るあまりにビビって食べられてないのが良くわかります。
また、自身でもトレーニング中にエネルギー切れを起こしているとの自覚症状があるそう…。

また、加えてトレーニング時間が長い!!

11時から始めて17時くらいまでやる事もあるかと…。

焦るがあまりに量と時間が拠り所になるあまり感心するトレーニングではありません。

インターバルも長いし、重量にこだわり、足腰に故障を抱える原因になり始めてます。

以前にも書きましたが、コンテストシーズンに入れば入るだけ、ポージングを意識した収縮系のトレーニングを増やし、自重でもパンプ出来る工夫と、カット、深いほり、セパレーションを出すトレーニングをしていかなければ、絶対にダメです!

トレーニングにこだわりを持つより、よりクレバーに筋肉を意識させるトレーニングに変えていかないといけません。

ただ、単にポージングのフォームの練習しても、普段から筋肉の収縮を意識出来なければダンスと同じです。

何度もいいますが、ボディビルはポージングで優劣を決めます!

ステージ上で、ベンチプレスのMAXを聞かないし、体重も聞きません。

ポージングと言う表現力で順位を決めるんです。

ポージングを練習するのではなく、表現力を筋肉を使ってコントロール出来る能力を上げなければ意味が無くなります!!

大串さんも全身にチカラが入るトレーニングフォームでしたが、大串さんもビックリするくらいの重量とフォームでかなり、ポージングが理解出来て来たと思います!!

5月13日のコンテストまで、私も全力でサポートしますよ!!

頑張りましょう!!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。