スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


未だリープリーストならず…。


今日は脚のトレーニング!

私にとって脚は他のコンペティターとの唯一の差になりうる生命線だと思っています。

ですから、いくらダイエットが進んでも脚が細くなる様な事があれば、やはり私の選手生命も終りに近いかと思ってしまいます。

昔はスクワットのフルレンジで200kgを10レップが出来なくなったら現役は無理だろう…と感じていました。

特に脚の細いビルダーはアメリカでは弱虫扱いされてしまいますから、どの部位よりもデカくなりたいと今も昔も思ってます。

まぁ、最近は脚のサイズが徐々に下がり始めたのを実感しますから、トレーニングにもより工夫と気合いを入れないと行けないと自覚してます。

今日はFacebookでもご自身のトレーニングを紹介したりして、私の刺激にもなっている中国地方の雄、村重さんのトレーニングを参考に。

村重さんがFacebookでも紹介していたのが、リープリーストの脚のトレーニング。

ずいぶん昔に初めて見た時は本当にこんなトレーニングが出来るビルダーがいるのかと信じられなかったくらいです。

フルスタックで100レップ以上を続けるレッグエクステンション。

240kgで100レップを3セットやるレッグプレス。

延々にレップを繰り返すレッグカール。

同じく、カーフ…。

リープリーストは全てがハードで世界一のチカラ持ちだと思ってます。

ずいぶん前のDVDでしたが、あれ程の衝撃トレーニングは後にも先にもありません。

しかも、苦しい顔は一切なく、途中の息継ぎすらない持久力。

いくらロニーコールマンがチカラ持ちでも、あのインパクトはリーしか出来ないトレーニングです

それ以来、私が一番リスペクトするトレーニーはリープリーストなんです。

ですから、今日は100レップデイとしてリープリースト目指して頑張ろうと。

まずは加圧ベルトをキツキツに巻いて更に圧を270にして、いざスタート!!

まずはレッグエクステンションから。

コンテストも近いのでしっかり収縮する意味を込めてワンレッグでエクステンションから。

10レップを左右交互にしっかりトップの位置で2セコンドストップしながら、100レップを目指します!

ウェイトは軽めの5枚から。

最初の20レップまではまだまだ…。

25過ぎにかなり熱くなり始め、2セコンドストップは50回を超えた辺りからなくなり…回数に必死。

顔はこれでもか!?の苦痛に歪んでたに違いありません。

これがリープリーストか?

やっとの思いで終了したら最初のレッグエクステンションですでにオールアウトした様な感覚ですが、続けてレッグプレス。

これまたワンレッグで交互に10回づつプレスを繰り返します。
10kgプレートを左右に着けただけです…。

途中で生まれたての子鹿になりつつも無事終了。

次は同じくレッグプレスで20kgを左右に着けてワンレッグのカーフレイズ。

25レップづつ交互に繰り返し。

重量そのままでナロースタンスでフルレンジのレッグプレスを100回!

次はシーテッドレッグカールを20レップからワイドスクワット20レップからシーテッドカーフを100レップを5セット!!

スミスマシンスクワットに40kgを付けて20レップで30秒のレストからの5セット!

終りにバイクを40分!!

クランチを100レップで終了。

今日はちょっと死にました…。

トレーニング後にはやっぱり生まれたての子鹿になりました。

でも、まだまだ私、リープリになれず…。

頑張らないと…!





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。