スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TEAM HIDE始動!!



アメリカのボディビルコンテストに出場するには、日本の様なボディビル協会に所属しているジムに入会している事が条件であるとかの規定は一切ありません。

出場したいコンテストには全て個人登録で出場できます。

ただし、NPCの大会に出場するには1年間有効ですが、NPCに100ドルを支払う必要があります。

そのNPCカードを購入し、出場する大会の出場フィーを支払えば、当日でも出場できます。

アメリカにはコンテスト出場に団体とか所属ジムとかの概念はありません。

ですから、ライトなフィットネスクラブであろうが、自宅トレーニーであろうが出場するにはなんの支障もないオープン大会です。

まぁ、カリフォルニアなどの州単位コンテストで、USAなどのナショナル大会への出場資格が発生する大会はIDカード取得、国内にキチンと在留している証明など規制はある様ですが、基本は正に個人単位。

これは非常に選手にとっては良い事だし、デメリットは何も無いような気がしますが…!?

所属ジムがなくても、コンテストに出場するには正しい指導者やパーソナルトレーナーがいたり、チームがあればフォローも出来るし、コンディションからポージングまで万全の体制になるでしょう。

まぁ、いくらアメリカが個人主義だと言ってもやっぱりチームや仲間は大好きな彼らですから、おのずとチームだったり、仲間内でTシャツを作り、個人競技でさえ、自前で団体戦にしたりする感じですからね!?

自発的なチーム作成は理想でしょう。

そんな流れはアメリカでは特に女子、フィギュアやビキニに顕著らしく、同じパーソナルトレーナーが柱となり、チームを作って同じユニフォームやシャツでコンテスト会場に集合し、出場するコンペティターをフォローしたり、応援したりしてあのチームには勝とうとか、あのチームに入るのがステイタスだったり、とコンテスト以外を楽しんだりしています。

応援も団体戦になるとガチになったりして、かなりの盛り上がりみたい。

知った様な感じで黙って順位を予想したりするより、キャーキャー言いながら仲間を応援する!!
これがボディビルの観戦の醍醐味!!

チームが違うと占拠する座席からバチバチな雰囲気があるし、会場前は同じユニフォームが揃った仲間が溢れ、高校、大学の部活のノリみたい。

で、コンテストがない時期には皆で集まり合同トレーニングしたり、セミナーしたり、パーティしたりとトレーニング、コンテスト以外にもコミニュケーションを広げる活動をしています。

やっぱり柱は信頼出来るリーダーの存在。

実績があり、カリスマ性があり、皆が関わりたい、憧れるリーダーでないと、ただのトレーニング好きの集まりになってしまいます。

そんなやや閉鎖的な日本のボディビル界にTEAMを導入したいと、あのIFBBトッププロの山岸秀匡選手が動き出しました。

すでに活動拠点のロサンゼルスではTEAM HIDEとしてチーム活動をして様々なプロコンテストに出場していますが、今回、活動を日本にも広げ今後様々な活動をして行きたいと言ってます!!

まずは一番弟子の私が日本では窓口になり山岸プロから指導を受けたり、関わりがあるコンペティターからTEAM入りを進めています。

TEAM HIDEに入会するには特に垣根はありません。

山岸プロに憧れ、指導を受けたい、受けた事がある方で、トレーニングを真剣に考える方が条件。

山岸プロの意向で、トレーニングする環境や場所、地域は全く問題ではなく、トレーニング指導はキチンと山岸イズムが継承されてて、同じ釜の飯を食べてる雰囲気は大切にしたい!と言う事。

山岸プロが日本にいない事もあり、なかなか指導を受けにくい環境ですから、そこは緩やかにする様で、インターネット上で指導を受けたりとかは推進していくそうです。

ちなみに一番弟子の私の指導でも間接的に山岸イズムを感じて頂いているとの事で、了解を受けています!

また、コンテストに出場するコンペティター以外の家族や知人でも山岸プロの了解があればもちろんチーム入り!!

このユニフォームを着て、戦う前から他を圧倒する手助けとなって下さい!!

これからは一緒にコンテスト観戦はもちろん!定期的にチームで合同トレーニングしたり、意見交換や忘年会や食事会を開いたり、山岸プロが帰国したら、合同トレーニングにチームのみのセミナーや食事会を実施して仲間全体で盛り上がります!!

当然、山岸プロのコンテスト観戦、オリンピアツアーも入る事になり、ロサンゼルスで合同トレーニング合宿なんかも計画中です。

そんなチームヒデのオリジナルユニフォームとも言うべき、オフィシャルジャージが完成した!と山岸プロから連絡がありました。

まずは活動も同じジャージを着てコンテスト観戦から始めます!!

もちろん、アメリカ製で山岸プロ監修のジャージ。

山岸プロのイメージカラーのレッドで作った様です!

これを着てチームヒデ入りしたい方を只今大募集中!

我こそはチームヒデ入りすべき!と言う方はぜひ私までご連絡下さい!

購入方法などお伝えします!!

今後はTOP REBEL GYMとコラボしたTシャツやタンクトップなどのオリジナルユニフォームも計画中!

オシャレで影響力いっぱいのチームにしていきます!

ぜひ、多くの皆さんの入会をお待ちしてます!!

まずはジャージを渡されるのがロサンゼルスでなので、21日のミスターロサンゼルスには山岸プロの観戦、応援から赤ジャージで会場を席巻してきます!

皆さんの分は私が責任を持ってロサンゼルスから持参してこようと。

ちなみに女子(フィギュアやビキニ、健康美など)は名古屋の伊藤ちゃんが窓口です!!

ぜひ、皆さん連絡お待ちしてます!!

これであなたもチームヒデの仲間だ!!





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。