スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当たり前の日常生活に復帰!!



長い長い間続いた様な気がするコンテストモード…!

考えたら髪を金髪?にした7月13日から続いたこのコンテストモード。

昨夜、ようやく髪を黒く染め直し、それに合わせ日常も今までとおりに戻ったかの様です。

鏡でみる自分の黒髪の姿は落ち着きもある様な気がしますが、髪がトコトン傷んでるなぁ…。

また、ダイエットの気持ちも緩み今朝からパン食のゆる~い朝食。

普段はあまりにお腹が空きすすぎて、若干集中力に欠けるきらいがありましたが、今はそれもなく、あるとすればパンパンにむくみ膨れた自分の顔にカラダ…!

すでに体重は93kgと巨大化してるし、ただのデブちん…。

あれだけ苦労してもあっという間にカラダはもとのゆるいカラダに戻れるんだと思うと腹立たしい…。

8月はこのままちょっぴりゆるいままで行こうかと。

一週間振りに胸をトレーニングし、久しぶりに部位別にがっつり行いました。

胸は自分ではあまりそれ程弱点という訳ではないと思うので、従来どうりにベーシックで確実にフルレンジな稼働範囲をキープし、全体的なボリュームを更に向上させたい。

しかし、もっともっと胸の立体感出す必要はあるので、マシンフライやケーブルクロスオーバー、プレス時のフィニッシュの収縮地点でのホールドはいつも以上に意識していく。

やっぱりトレーニングで大切な事は毎回、毎回のトレーニングに対して明確なテーマを持って望む事ではないかと思います。

ただ漠然とトレーニングをしてきた!と言うのと、自分で弱点を克服する為に必要なトレーニングを課し、それに対して工夫をしていく意識が無ければカラダはいつまでたっても変わっていかない様な気がします。

それが集中力ではないかと思います。

ぜひ、まだまだコンテストシーズンは続きますが、コンペティターの方もそうでない方もトレーニングはテーマを持って頑張って下さい!!

さて、日常生活に戻った私ですが、今日は久しぶりに新日本プロレスのYOSHI-HASHI選手とトレーニング。

YOSHI-HASHI選手が所属する新日本プロレスは最近やたら広告がハデになってきました。

山手線内の駅構内の張り出した広告はもちろんですが、今日は山手線内の電車に張り出された広告を見ました。

親会社が変わって本当にプロレスをメジャーに再度しようと意気込みが感じられて、一ファンとして嬉しくなりました。

12日のG1クライマックス決勝の両国国技館は満員、熱い闘いが見られそう。

YOSHI-HASHI選手も頑張ってトレーニング。

今日は腕をかなりイジメ抜きました。

YOSHI-HASHI選手はカラダは大きく、肉体的にも恵まれてますが、フレーム的にまだまだ大きくなる要素を十分に持ち合わせています。

まずは大筋群の改善もですが、見た目にも腕を太くして行こうと腕は重点ポイント。

特に二頭はまだまだ太くなりそうですから、確実に稼働範囲をキープしながら、収縮地点での山の高さを出すような意識のトレーニングを行いました。

また、三頭はやはり収縮地点の馬蹄形がくっきりと出る意識を大切にがテーマ。

漠然とトレーニングしない様に必ず毎回のセット前に意識すべき点を伝えながら行います。

こうしたしつこいくらいの意識を明確にしてトレーニングする事が大切だと思います。

YOSHI-HASHI選手から毎度巡業に出かけると必ずお土産を買ってきてくれます。

今回は栃木の銘菓をいただきました!!

シュークリームの皮にあんこがたっぷりの素敵なお菓子。

いただいたそばから開封して9個入りのこのお菓子。

あっという間になくなりました。

ありがとうございました!

食べ過ぎたるは及ばざるがごとし…。あぁ…。




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。