スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我が家は最高!!






明日の愛知県ボディビル大会。

じっくりと観戦出来る様にと前日、一足先に名古屋入りをする予定でした。

名古屋近郊のホテルをネットで検索し、探してみたものの見事に1件の空きもない状態でした。

長年行ったり来たりをしている私でも数々のネットでこれだけホテルの空きがないのも初めてです。

決して直前ではありませんでしたが、ビジネスホテル、旅館すらありませんでした。

名古屋在住の友人や伊藤ちゃんにも直接探してもらいましたが、それも皆無。
いくら3連休とはいえ、何が名古屋にあるのか…不思議でなりません。

じゃあ、仕方なく名古屋から30分もあれば着く三重の桑名市にある実家に久しぶりに帰ろう…となりました。

名古屋やその近郊にはちょくちょく出かけたりするのですが、一人暮らしの母親に手間をかけたら迷惑だろうなぁ…とちょっと遠慮してたのが本当です。

でも、母親もそろそろ80歳に近づいてきて、めっきり痩せて小さくなってますから、暇があれば行こうと思うのですが、なかなか…。

今回は名古屋の岡田さんがくれた良いきっかけなので、早速兄、姉、弟に連絡して、土曜日はみんなでご飯に行こう!とメール。

すぐに返信があり、各々の家族が一同に集まる食事会が決定!

何だか、行く前からこんなにワクワクするなんて、大学で東京に出てきて、ホームシックになった時以来ですね。

今日は朝から初台でお仕事からの、トレーニング。

自宅に帰って速攻で準備していざ、東京駅に。

やはり3連休の初日とあり、どの新幹線もほぼ満席…。

東京駅では全員の家族にお土産を買い、自分の駅弁からデザート、お菓子を両手をいっぱいにして、新幹線に乗り込みますが、みどりの窓口のお姉さんが意地悪なのか、私が気にいらなかったのか、よ~く指定席券を見ると何と…16号車。

私がホームに上がった場所は6号者付近…。
ホームはうだる様な暑さでちょっと動くだけで、汗が吹き出します。

コロコロに両手にお土産、駅弁にこの暑さ…。
泣きたくなります。

やっとの思いで16号車に着いたらすぐに出発。

吹き出す汗を拭ってもぬぐっても止まらず、駅弁を食べ始めたのは新横浜を過ぎてから…。

全くJRさん、頼むよ…。

車内では隣の赤ちゃんが泣き叫び、全く寝れないし、駅弁をこぼすし、やはり前々の余裕が大切なんだと、再確認した次第です。

名古屋駅に着いたら、雨…。

多少暑さも和らぎ少しは過ごしやすい。

ワクワクしながらいざ桑名市へ。

東京の交通の便利さに慣れた訳ではありませんが、やはり田舎にくるとタクシーの数や公共交通機関の不便さが嫌になります。

雨降る中、久しぶりの我が家に。

1年ぶりにみる母親はやっぱりどこか小さく、頼りなく感じてしまい、もっと頻繁に帰るべきだったと反省してしまいます。

早速、兄弟全員に連絡していっぱいお土産あるから早く家に来い!と電話。

実家の周りにみんな住んでいるので、すぐに駆けつけてくれます。

弟の息子が早速やって来ました。
まだ、高校2年生ですが私の影響か、ウェイトトレーニングを始めたらしく、桑名市体育館に一緒に行こうと。また、プロテインを買ってくれ!と言うので、帰ってからすぐに送る事を無理やり約束させられました…。

桑名市体育館ではトレーニングにくる人にやり方などを習っているそうですが、堺部ってしってるか?と聞いて、それは僕のおじさんなんだ!と言ったそうですが、誰も信用してくれないらしく、だから一緒に行って欲しいらしく、次回ゆっくり来たら行く事をこれまた、約束させられました。

結局、実家に来たのは弟だけでしたが、私と母親を予約したレストランに連れていく為らしい。

桑名でも美味しいと評判の中華料理屋に堺部家全員が久しぶりに一同に介し食事会がスタート。

勝手気ままにあれやこれやを頼み、最高に楽しいひと時でした。

やっぱり三重県、桑名市は最高だけど、ファミリーはいいなぁ…。

私は15歳で寮生活を始め、大学からは東京とずっと家族と離れて生活してました。

いつも寂しい思いもいっぱいしてましたが、桑名に帰る事だけを楽しみにしていました。

それが、今では忙しいを理由に疎遠になりつつあり、年老いていく、母親に私は何もしてあげられていません。

兄弟にも同じく。

でも、そんな私でも帰ると必ず全員が集まり仲良く食事を共にして、親交を深めています。

父親がすでに亡くなり、全員が揃う事はなくなりましたが、私の一番の誇りは我が家はどこより全員仲が良い事。

それぞれが家族を持ってもそれは変わらず、昔と同じ様にたわいの無い会話を楽しんでいます。

父親、祖父母が祀られている仏壇の上にある遺影に久しぶりにみた父親もそれが一番だ…と言ってました。

皆がレストランから実家に集まりひと時騒いで帰ってから、母親と近所にある24時間の長島温泉に!

これまたイイところ。

昔、近所の風呂帰りによく飲んだロイヤルトップを発見!!

30数年ぶりに飲むロイヤルトップは何だか懐かしい様な淡~い、淡~い思い出が蘇る感じ。

東海地方では珍しくないのだろうが、東京にはまずないし、存在すら忘れてました。

夜は生まれて始めて母親と布団を並べて一緒に寝ています。
二人でゆっくり話す事も本当久しぶり。

9月に母親を東京に招待して、東京見物をする事になりました。箱根にも連れてってあげたいなぁ。
台湾に行きたいらしいので、11月の後半にもぜひ旅行に連れて行こう。

堺部家に生まれてきて、心の底から感謝してます。
明日からまた頑張っていく英気とパワーを充電できました。

明日は必死で応援だ!!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。