スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おめでとう!おめでとう!!おめでとう!!!







今日は東京では伝統の第27回東京クラス別ボディビル選手権大会が葛飾シンフォニーヒルズで開催されました。

我が期待の秘密兵器Kこと、加賀さんが出場しました。

東京クラス別は地方開催のコンテストでも抜きんでた実力を持つビルダーが集まる全国一レベルの高い地方開催のコンテストです。

これまでのこの大会の優勝者は現在でもバリバリに活躍するトップアマチュアであり、このクラス別を制する事はすなわちトップの仲間入りを果たしたと言っても過言ではありません。

正に実力がないと決して勝てない、まぎれのない最高峰のコンテストであり、東京の方々の全てのターゲットとなっているコンテストと言っても過言ではありません。

昨年は歯科医のマッチャンこと、松崎先生が60kg級で優勝!
加賀さんは70kg級で惜しくも2位でした。

加賀さんはまずはこの東京クラス別を見据え、昨年からトレーニングをよりハードにより厳しく自分に課してきたようで、見た目にもその成長度合いは素晴らしいものでした。

その結果、前日の検量時には優勝を確信するくらいのカラダの出来ばえに昨年との差がありました。

カーボアップの中で4kg以上体重が増えても、検量時にはリミットをクリアし、皮膚が肌に張り付き、筋肉は隆起し、パンパンに張り詰めた状態になっていました。

途中、加賀さんは体重のあまりの増え過ぎにビックリして連絡をくれたりしていましたが、私には想定内であり、当日にキッチリとピークが合う事も確信してました。

今日のラインナップした時にすでに私も加賀さんも手応えを感じていたようですし、私も安心してみていられました。

ちょっとコール順番や組み合わせに不可解な点もありましたが、間違いない仕上がりでした。

結果、お見事優勝を果たしました。

本当におめでとうございます!!

やはり努力は裏切らない。

しかし、加賀さんの目指すステージは全く違います。
アジアや世界を見据えこれから更に改善していかなければなりません。

すでに優勝の余韻に浸る事はなく、更なる高みを目指す登山家とならなければなりません。

目標はいくら思い描いていても言葉に出して鼓舞しない限り決して現実にはなりません。

言葉はまさに言霊。

思いいれが高ければ高いほど、意思を持ち自分をその場所に導いてくれます。

自分の可能性を信じて時間はかかってもやり切るしかないですし、加賀さんにはそれを克服するチカラを持っていると信じています。

私が出来る事は何にもありません。
一緒に戦うパワーの一端になれればありがたい限りです。

他の階級では、クラス別の階級を上げて2階級制覇をなしとげたのが、鈴木理克選手。

千葉県、幕張でトレーニングするいわゆる千葉軍団の一員で、まだまだコンテストに出場する前から知っていますが、その成長には驚くばかりです。
2009年に60kg級で優勝し、今年は念願の階級を上げて更に勝ち得た非常に価値のある優勝です。

鈴木さんも1週間前からの調整を加賀さんからやり方を聞いて実践したとの事でした。

人づての調整方法でしたが、かなり効果はあったらしいのですが、私からみたら体重や肌質、見た目からも判断して食べる量やタイミングをアドバイスするので、次回の関東クラス別前にはきちんと鈴木さんに合う量や内容のアドバイス送る事を約束しました。

次回は更によくなると確信しています。

やはり、1週間前からの調整をきちんと理解し、実践した場合と全く考えなしに過ごすのでは明らかに効果は違うと思います。

もし、コンテスト前にどうしてもピークが合わないや、仕上がりに不安があると言う方はぜひ連絡下さい。
これまでに体感した事のない仕上がりが出来るハズです。

私が注目したのは75kg超級の優勝した西川さん。

驚異のバルクとカットが目を引く大型ビルダーで、ラインナップした時点で文句なく優勝でした。

赤いビルパンが印象的でしたが、背部から臀部にかけてのカットが素晴らしい。

全日本でもぜひ活躍して欲しい選手です。

課題は脚の長い方にありがちなカーフの弱さ。

太ももは素晴らしい広がりとサイズを持っていますから、これからはカーフが必ずや課題にあげられるでしょう。

あの上体を作り上げたなら必ず克服して全日本にチャレンジする姿を早くみてみたいものです。

勝って負けて人は成長していきます。
このコンテストで自分が期待した結果が得られず、勝ったから負けたからと一喜一憂する必要はありません。

すでに確実にスタートの号砲はならされました。

やるしかありません。

明日はこのコンテストを見た中で絶対あのステージに立とうと決心した方と共にスタートです。






Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。