スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LA~Vegas!!

今日はロサンゼルスを早朝にたって一路ラスベガスへ向かいます!!

すなわちミスターオリンピアの観戦!

久しぶりの米国内線に搭乗しましたが、格安飛行機みたいに搭乗費用以外に一人、1バック当たり25ドル!?2つ目からは35ドルだって…!
どうかしてるぜ!デルタ航空…。


相変わらず空港職員は高飛車だし、やっぱり日本人の仕事ぶりは世界一だとつくづく感じます。

2020の東京オリンピックは世界中が日本人の勤勉さやホスピタリティの豊かさにきっとビックリするはずですよ!

飛行機にはあのベニスでパーソナルとしても活躍するIFBBプロのウィルハリスと一緒。
巨大なカラダを小さくして我々の近くに座席がある様で、向かってきたと思ったら陽気に話しかけてくれました。
「ベニスでトレーニングしてたよな!ヒデの友達か?」と。
気さくでいい人だ!
近くのアメリカ人の女性が私にヒソヒソ話かけてきて、あれは誰?有名なスポーツ選手?と言うので、ボディビルダーだよ!って教えてあげたら、目を白黒させてました。
そんなウィルハリスは座席が小さく、隣もギリにいたりと中々座席につきません。
このまま立ちっぱなしでベガスまで行くみたい。


ようやく、隣が空いた席を確保してもらいハリス待ちで飛行機が飛んだ。そんな雰囲気でした。


久しぶりのラスベガスは相変わらず喧騒の街と言う雰囲気。
空港からギャンブルに興じる人、クルマは大渋滞、ホテルのチェックインにはチョー長蛇の列。




そんな中、貴重な時間を利用してトレーニングに向かいます。

ベガスの繁華街からほど近い場所にあり、オリンピア終了後のセミナー会場にもなっていた、GGフラミンゴ。

スミスマシンなスミスさんが創業者と言うラスベガスアスレチックセンターの隣にあったはず…。

と言うのも、ロードサイドにはデカイ看板でPRしているのに、あった場所はも抜けの空…。

ラスベガスで一番のジムなのに~。

山岸プロが初めてロードツーザオリンピアに出演した際にミロスと一緒に肩のトレーニングをした場所です。

また一つお気に入りの場所が消えたようで辛いです。

場所を変えてちょい離れた場所にある同じGG。


使いやすいし、雰囲気も抜群。
どうして日本とアメリカ、こうも違うのか、不思議ですね。

トレーニングが終わったらいよいよオリンピアウィークエンド!
オーリンズホテルでボディビル三昧してきます!!


まずはミートザオリンピア!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。