スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスベガス、シティアスレチッククラブ

疲れた、眠い、早く寝たいと言いつつ、就寝して5時間でバッチリ目が覚め外は真っ暗…。
ベッドでウトウトも出来ずブログ再開です…。

早朝4時起き、5時出発のロサンゼルスからラスベガスまでは延々と続く直線をただひたすらに走るのみ。


こちらのハイウェイは日本とは比べものにならないくらいに整備がなされずにいます。
だいたいの路線が無料と言う事もあるのでしょうが、まずパーキングエリアなるものは存在しません。

日本の海老名のパーキングエリアを見たら外国人が珍しがるのも理解できます。

また街灯はほぼ無いに等しく、反射板も日本に比べ非常にクオリティが低く反射の性能悪すぎ。

ガードレールもあまりないので、路肩を間違えてはみ出したらあっという間に転倒しかねない、かなりのデンジャーゾーン…。

こんな神経を使うハイウェイなのに、更にプレッシャーをかけるのがドライバーのめちゃくちゃな運転。
日本の様に追い抜き車線はありません。
デカイトラックが斜度がキツイ上り坂でスピードがでない車線があるくらい。

私が思うにドライバーのセーフティドライブなんて言葉はまずありません。
無理な追い抜き、追い越しは当たり前。
譲り合いなど皆無ですし、ここに割り込むか!?と言うドライブばかり。
ですから常に運転には危険が伴うと言うのをここアメリカに来ると感じざるを得ません。
この辺りの感性もやはり日本人が当たり前と思う感覚はズレを生じさせると思います。

まぁ、途中で素敵なカフェでブレックファーストも食べれたし、比較的にかなりの時間短縮でラスベガスに到着することができます。



しかし、このハイウェイ15号をひたすらに走り、遥か彼方にポツリとラスベガスの町並みが見えるとかなりアガリます。

砂漠にポツリと現れた魅惑の楽園ここにあり!と言う感じです。


この街は常に活気と消費、欲望に溢れた街で、こんな生産性の少ない欲望の街がこの世にあって良いのだろうか…とふと考えてしまいます。

もし、こんな街が日本にあったらそれこそ日本人としての美徳や感性が失われたハチャメチャなアメリカかぶれの非常識人達で溢れかえるんだろうなぁ…とオヤジの老婆心がもたげてきます。

2週間前のラスベガスの活躍の場はオリンピアを楽しむ!夜のラスベガスを堪能!と言う感じでした。

今回は真昼間のベガスを堪能しつつ、山岸プロとベガスで打ち合わせ!

今回は山岸プロがラスベガスにあるシティアスレチッククラブと言うフィットネスクラブ内に自分のお店を持ち、オープンする事になり、合わせやってきました。
このクラブは目抜き通りから15分くらいクルマで来るとある、非常に高級なフィットネスクラブです。

その名も「Bodi cafe」

ここでは様々なサプリメントやドリンク、ウェア、トレーニングギアを販売しつつ、メインはプロテインドリンクの販売!!


カウンター内にはスタバの様なマシンが並び様々なフルーツやアイス、ミルクなどと共にプロテインをシェイクしてオリジナルなプロテインドリンクを飲む事が出来るカフェです。
この日はラスベガス在住で山岸プロのコーチでもあり、ビジネスパートナーでもあり先のオリンピアで前人未到の9勝をあげ、あのアーノルドやリーヘイニー、ドリアンやロニコーを凌駕したスーパースター、アイリス・カイルが来ていました。


いよいよ、ラスベガスでも山岸プロの活躍が始まります!!


City athletic club
7980 W Sahara Ave, Las Vegas, NV 89117



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。