スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


USBB-JAPANコンテスト!

いよいよ迫ってきたUSBB-JAPANコンテスト。
まだまだチケットは絶賛発売中!!

ミスターロサンゼルス帰りの山形の歯医者井若選手や久しぶりのコンテスト復帰、私も過去に惨敗した実力者京都の雄、田村周選手、ご存知ビーフ佐々木選手、フューチャー北井選手ら国内最高レベルのカラダを持つ選手が多数参加するNPCチャレンジカップも楽しみ!!

また、国内初のミスビキニ、メンズフィジークも楽しみです。
メンズフィジークにはみちのくプロレスからザグレートサスケ選手!

ドラゴンゲートプロレスからはイケメンレスラーの琴香改めCIBA選手が出場!!

そんな中、異色の選手はスタントマンにしてイケメンファイティングアクターの和田さん!!

ウル◯ラマンや仮面ラ◯イダーなど様々な仮面キャラに入る知る人ぞ知るスター!!
忙しい撮影の合間を縫って毎日ミッドブレスでトレーニングを欠かさず体調管理に努めています。
ですから、あっという間の調整で素晴らしいカラダに変身!!!
リアルライダーです。

そんな和田さんをモデルにちょっとUSBB-JAPANコンテストのフィジークのポージングをレクチャーします。

まずは1人1人、MCから氏名などをアナウンスをします。
選手の60秒のフリーポーズの開始です。

舞台袖からウォーキングし、舞台中心にマークがしてある箇所まで歩きます。

舞台中心に来たらまずはフロントポーズ。

ここから4方向にポーズをとっていきます。
まずは右に1/4ターン。

胸の厚みや外腹斜筋、ウェストの細さ、肩から腕にかけての筋肉を見ます。
次にバックポーズ。

背中の隆起や脊柱起立筋などをチェック。
続けて1/4ターン。

フロントポーズ。

次にウォーキングして左手にポイントを舞台につけてあるのでそこでフロントポーズ。
次に逆の右手にポイントがあるのでそちらまで歩きフロントポーズ。
再度、中心に戻りフロントポーズ。

この行程を60秒でこなし、舞台袖に下がります。
これを全員が実施してから全員が舞台にラインナップ。
これからピックアップ。
順位付けが始まります。
比較審査は全てフロントポーズからバックポーズからフロントポーズとなります。
フィジークは髪の毛からフェイス、カラダつき、スイムパンツに至るまでのトータルで審査していくことになります。
まずは単純にトータルどカッコいいと感じさせる振る舞い、体躯が重要課題なのです。
筋肉隆々が必ずしも勝てる訳ではありません。
男性モデルとしてのいでたちが重要ということでしょうか。

こんなUSBB-JAPANコンテストフィジークコンテストを始め、スケジュールは下記になります。
ぜひ、みなさん奮って観戦下さい!

10:30~
開場

・・・・・予選審査・・・・・

11:00~
ミスビキニ ・・・比較審査(順位付)
メンズフィジーク・・・ピックアップ審査(20→10名)
マスターズ・・・比較審査(順位付)
バンタム級・・・比較審査(順位付)
ライト級・・・・比較審査(順位付)
ミドル級・・・・比較審査(順位付)
ライトヘビー級・・・比較審査(順位付)
メンズフィジーク・・・比較審査(1~10位順位付)
NPCチャレンジ・・・・各フリーポーズ60秒/比較審査(順位付)

・・・・・休憩・・・・・

14:00~
空手道 石島道場 少年部 空手演武
石島道場少年部による模範組手、杉板試し割

・・・・・開会式・・・・・
14:20~
開会宣言・・・USBB-JAPAN 理事 宇戸 千代子
出場選手入場
会長挨拶・・・宇戸 信一 USBB-JAPAN委員会委員長
選手退場
ゲスト紹介・・・IFBBプロ 山岸秀匡
優勝カップ返還・2012年優勝 堺部元行
審査員紹介

・・・・・決勝審査・・・・・
14:45~
ミスビキニ ・・・決勝審査(順位付)
メンズフィジーク・・・決勝審査(順位付)
マスターズ・・・全選手フリーポーズ/決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)
バンタム級・・・全選手フリーポーズ/決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)
ライト級・・・全選手フリーポーズ/決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)
ミドル級・・・全選手フリーポーズ/決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)
ライトヘビー級・・・全選手フリーポーズ/決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)
NPCチャレンジ・・・決勝審査(各90秒フリーポーズ順位付)

17:00~
ポーズダウン/表彰式
ミスビキニ・メンズフィジーク・USBB-JAPANボディビル・NPCチャレンジカップ

17:30~
ゲストポーズ IFBBプロ山岸秀匡

17:45~閉会宣言



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。