スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は山盛りお腹いっぱい!!

昨夜は食べ過ぎ飲み過ぎで、ダイエットも兼ねて11時からミッドブレス初台でトレーニングしようと、山形井若君、クラッシャー吉田さんらと約束!!

しか~し!

定刻前に来たのは私だけ!!

クラッシャー吉田さんも朝から松崎先生の歯医者に治療に行って遅刻!!

で、山形井若君に限っては何と1時間と言う遅刻とは語れない遅れ方しやがりました!!

12時からはわざわざ北海道の札幌からB-ONEジムの北村会長がミッドブレスにお見えになると伺ってましたから、それには支障無いようにと早めにトレーニング設定したのに…!!

結局、北村会長と同じ時間に登場した山形井若!!
もう君づけなし!


背中のトレーニングで嫌ってほどいじめてやりました!!


まずはラットプルダウンを上半身をかなり前傾姿勢で腕を引く事で確実に肩甲骨の収縮を促すラットプルダウン。

比較的に軽めで15回。

よく、背中のトレーニングで最初からチカラがあるからバリバリ重い重量で引く事をメインに第一種目を持ってくる方がいると思いますが、私の考えはまずパンプして肩甲骨周りの柔軟性が失われる前に徹底して肩甲骨周りの筋肉に収縮、伸展をやるべきだと思います。
特に近位にある前腕に全てのチカラが入らない様に肘をメインに引き付ける要領が必要ではないでしようか。

その収縮の位置を常に念頭に置いて次からの種目に入ると意外にきちんと引き付けることが出来るはずです。

次はハンマーのワンハンドプル。

これは伸展の際にプルオーバーをイメージしてみます。

もちろんフルレンジが基本ですから、重いと言って中途半端な引きにならない脇をしっかり閉めるプルが必要。

次はハンマーワンハンドロウ。

胸に当ててよいパッドは決して使いません。
きちんと脊柱にチカラがはいるポジションと肩甲骨を伸展させる深いフルレンジが必要。

最大に重い重量を使い爆発的に引く事です。
しかも、15回以上。

次はヘビーなプルオーバー。
腕を頭部の遠方に投げる様に大きな起動が必要。

私はこのプルオーバーが一番背中を大きくしてくれると思う種目の一つですが、一番難しい種目の気がします。

肩の位置、腰の使い方、肘関節の使い方など多岐にわたりますが、正しいやり方を知っていたら必ず身体を変え非常に素晴らしい種目だと思います。

まだ他にたくさんの背中な種目はやりましたが、自分のトレーニングに真剣過ぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

トレーニングが終わったらタンパク質補給タイム!!

私はプロテインシェイクだけの予定でしたが、わざわざ松崎先生も遅れて登場!
代々木上原にある美味しいパン屋さんでたくさんのパンを買って来てくれました!!

一番うまかったのはシュガーたっぷりの揚げパン!!

う~ん、ダイエットは…??

そんな罪悪感に苛まれていたら、今度は大阪から桝谷さんがミッドブレス初台にお見えになり、お土産であのシナボンを!!

シナボン!あぁ!シナボン!

いつもダイエットは敵が現れる!!
どこかにダイエットウルトラマンはいないかなぁ…。

桝谷さんとのトレーニングが終わったら、池袋で開催する月刊ボディビルディングの創刊600号記念パーティーに参加!!

またもや仲間と食い倒れ…!

目まぐるしい一日でお腹いっぱい!!

楽しい時間をありがとうございました!!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。