スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あぅ…。

一昨日から右肘(前腕部)に猛烈な鈍痛を感じて、2日連続でトレーニングをお休み中。

原因を探ってみると、先週近所のゴルフ練習場に久しぶりに行き、ストレス発散とばかりにぶるんぶるんと振り回し、調子に乗って4箱ほど打ってみました。

私は何でもスポーツはチカラで解決しがちで、身体を使うと言うより筋肉に頼りきった動かし方をするタイプ。
走ったり、投げたり、打ったりも同様。
チカラがある限り目一杯振る割りには全く球も飛びません…!

でも、身体に染み付いたこの動きを変えることも今更出来ないのです。

ですから、ちょっとキャッチボールするだけで、肘は痛くなるし、テニスなどはあっという間に肘が動かなくなります。

この日は比較的に大丈夫かなぁ…と思っていたら、翌日からはトレーニングに支障が出るくらい痛くなり、ガマンしてインクラインベンチをちょっと重いウェイトでやったら爆発してしまいました。

大げさでなく、箸が持てなくなり余りに痛いのでロキソニンを飲んでたくらい。
私はこう見えて皮膚がめちゃくちゃ弱いので、シップや鎮痛剤は全くダメでつけたりしたら赤く腫れ上がってきます。

こんな時は無理しないで積極的な休憩。

肘にキネシオテープを巻いたら意外に痛みが軽減されてます。

来週からはしっかりトレーニング出来るかなぁ…と思ってたら、右胸の深部に痛みが。。。

呼吸する度に痛むし、ちょっと上半身を曲げると猛烈に痛い。
多分肋間筋を寝違えたに違いありません。

しばらくはトレーニング出来ないかなぁ…。

と、いいつつ明日は必ずやろう。



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。