スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大雪からの…。

昨夜開催したチームHIDEミーティング。
大雪の中、たくさんの仲間が集まり今年のボディビル、フィジークコンテストに向けて決起集会になり、無事に終了しましたが、やはり都内は40年振りの大雪で千葉方面に帰る面々は散々な目にあってしまった様です…!

私は21:30には帰宅し、皆が無事に帰った報告を布団の中で待ってましたが、電車を待ってる…とメールが来たビーフは待てど暮らせど連絡がなく、まぁ、無事に着いてゆっくりしているんだろうと安心して私もそのまま眠ってしまいましたが、5時に起きたときに携帯見たら1時にやっと帰ってきた…とメールがありました。
何でも電車が止まったままで途中駅から雪の中、徒歩で帰ったそう。
先に眠ってしまい申し訳ないと思いつつ、まぁ今年に向けて有酸素運動始めたんだ!!とビーフ夫妻を褒めてあげようと気持ちを切り替えた!!

NPCチャレンジカップの連勝目指し頑張れ!ビーフ!!

と、言う昨夜のミーティングでしたが、今朝10時にはミッドブレス初台にチームHIDEメンバーがトレーニングに集合!
感心、感心!

岡田先生はお土産の「千なり」を持参!!
あざっす!!

さぁ、岡田先生のトレーニングも終わり、千なりでもいただこうとしたら、ようやく現れました!
山形歯科医、パルンボ井若!!

山形を出て、10時間をかけて到着も全員解散し、ぜんでまかない料理をいただいて失意の中ホテルからのミッドブレス初台!!

どんだけ時間かけてきたんだぁ!!
も、ちょー嬉しそう!?

早速、山形天童市のお土産を自ら食べて岡田先生らと談笑…!
よっぽどミッドブレス好きやな…。

さぁ、楽しいトレーニングタイムの開始だ!!
今日はパルンボ井若のリクエストで胸!!
最近二頭と大胸筋の付け根を痛めたらしく、ハイパンプでフライ系と肩前部を合わせてトレーニングしたいとの事。
私は金曜日に胸をしたばかりもフライ系の多用、肩前部ならモーマンタイ!!
まずはアップ代わりにハンマーインクラインプレスから!

比較的軽めの重量設置で、手幅を変えレップを重ねながらヒットする部位をこれまた変化させていきます。
ワイドで10レップ、ミディアムで10レップ。ナローでトップ位置のショートレンジで10レップが基本。

手幅を変化させ、サイドの輪郭から胸部中央部のライン形成を兼ねてプレスしていきます。

胸部を際立たせる最大のポイントは寄せて上げる!!
中央部の堀をいかに深くするかがポイントです。
女性のブラジャーも寄せて上げる。
胸のポイントは同じく、寄せて上げる。

パルンボ井若の最大のストロングポイントは日本人離れした圧倒的な胸部。
バスキュラティーもさる事ながら、ボリュームは凄まじい。
日本人の中で敵う選手はまず見当たらないです。
課題はダブルバイやラットスプレッドでもサイドのラインが消えない力の入れ方ですが、もう私など自信を失うくらいの圧倒的な胸部。
一緒にトレーニングしても恥ずかしいくらいになってきます。

次はケーブルで3つのバリエーションをつけてフルレンジとトップ位置のショートレンジが基本。
まずはフラットベンチで全体のボリューム形成。

次にバランスボールを利用してインクラインポジションをつくり、アッパー気味に軌道をつくるフライ。
同じくフルレンジからトップ位置のショートレンジ。

ラストはスタンディングのフライ。

ケーブルの重さはある程度コントロールが出来る軽めの重量にしてスロームーブを心がけどのポジションでも慣性がかからない事が大切。
身体を振ったり、勢いをつけてケーブルしても腕にパワーが分散するだけで軌道が小さいダメなフォームになるだけです。
普段のケーブルフライの3倍のスピードに落として全行程でチカラが抜けない事が大切です。
次はアブドミナルマシンをつかい、トップ位置だけのプレス。

肘と手のひらの使い方にポイントがありますが、まずこのトップ位置のプレスが体得出来たら胸の形は必ず変わると言い切れます。
三頭にチカラを入れないプレスです。

ラストはラットプルダウンで胸部サイドのボリュームを上げるトレーニング。
ダブルバイのフォームが出来る方なら必ず胸にヒットし、サイドが劇的に変化出来ますからこれはオススメです。

チョット簡単に説明してしまいましたが、胸のトレーニングでは横への収縮や伸展だけがトレーニングではありません。
プルオーバーをきちんと出来たら胸のトレーニングのバリエーションもボリュームも必ず上がるので、ぜひ背中に効かないプルオーバーを体得してみて下さい!
また、スピードをいかにコントロールするかも大きなカギです。
ベンチプレスも基本種目として大切ですが、きちんと胸に重量を乗せてプレスしているかを見定めてみて下さい。
チョットしたフォームの改善で身体は大きく変わりますから。

私もパルンボ井若の様なレベルの高い選手とトレーニングすると様々な新しい発見もあったり、負けない気持ちが更に高まるので、本当に楽しい時間です。

普段、一人で黙々とトレーニングしているとやらされている義務感ばかりが先行してしまいますが、こうしてレベルの高い選手とトレーニングすると何故か笑みがこぼれてしまいます。
自信は無くなるんですが、楽しくて仕方ない。
パルンボ井若も山形の田舎町で一人でトレーニングしている訳で、刺激がない世界に満足しがちになってしまいます。

チョット世間からみたらただの飲み会に10時間もかけて来るなんてバカバカしいと思われがちですが、まさにこれこそ向上心の最たる例。

まだまだ若い彼らに私も発奮を受ける。
やっぱりチームHIDEは素晴らしいなぁ…!


今年こそはチームHIDEのメンバーでロサンゼルスに山岸プロを訪ねトレーニングキャンプをしてみたいものです。

その前に私も再度山形は天童市にトレーニングキャンプに行こう!!
パルンボ井若、待ってろよ!

その後、東北自動車道の除雪、開通を待ちつつステーキタイム。
ここでも圧倒的な差を見せつけられました!
次回は山形牛で勝負だ!!


16:30に都内を出た井若。
何と20:30には自宅に着いてました。
さぁ、来週も来てね…。



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。