スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


探す楽しみ。

いよいよ、ボディビルシーズンも近づいてきた今日この頃。
今日も今年ボディビルコンテストに初チャレンジしようという精鋭がミッドブレスにおいでいただきました。
トレーニングの見直し、ボディビルコンテストに向けて様々なお話もしましたが、私が特に声を大にして言いたい事はボディビルのトレーニングをしよう!と言う事。

すなわち、ポージングを徹底してやりましょう!と言う事です。

このブログでも再三お話してきましたが、ポージングはボディビル競技の本質です。
トレーニングで重いベンチプレスやスクワットが出来てもコンテストの評価は0なんです。

筋肉があることはボディビルで勝つ最低条件ですが、その筋肉のついた身体の表現はポージングしかありません。

良くボディビル雑誌の選手のコメントで、ポージングをもっと練習しなきゃダメですね…。とか、ポージングをしっかり磨きます!などをコメントする方がいますが、別の競技のコメントにそれらを当てはめてみたら「もっとピッチングを練習しなきゃダメですね」と野球のピッチャーが言ってたり、「もっと走る練習しなきゃダメですね」とマラソン選手が言っているのと同じですね…。
全くおかしなコメントです。

ポージングとは筋肉の長さを変えない等尺性の運動。
すなわち筋収縮がメインになるトレーニングを磨く必要があるし、それらが有効になるのです。

筋収縮を考えながら更に工夫をしながらトレーニングをアレンジしていくことがトレーニングとポージングをリンクさせるトレーニングになるのです。

また、手のひら、指の使い方をもっと深く考えてみて下さい。
チカラの入り方、効かせる筋収縮がより意識しやすくなりますからね。

筋肉の彫りを深く、まさに寄せて上げるトレーニングを頑張りましょう!!

しかし、あまり考え過ぎもよくありません。
オリンピック選手じゃありませんがダイエットもトレーニングも厳しい、辛いという発想をやめて楽しむことが絶対に必要なことです。

逆境を楽しむ事が大切ですね。

辛い事を披露して、人の情けをもらっても何の意味もありません。

しかも、自分が望んでやっている訳でやらされているボディビルやダイエットではありませんから。

様々な考え方はありますが、少なくとも私はそう考えています。

トレーニング中にキツイなぁ…と思う事もたくさんあります。
もう辞めたいなんて毎回です。
でも、そんな自分の姿を鏡でみてもうちょっと男らしく振る舞おうよ、情けない顔より、余裕な顔だけ、笑顔でバーベル上げようよ。と思います。

昔、ビデオ、ミスターオリンピアの道で確か99年辺りのフレックスウィラーがオリンピア前のダイエットが佳境を迎え、めちゃくちゃむすっとした顔をし、ウェイトも自分で交換しなかったり、ふてくされてトレーニングする姿を見て本当に腹が立ちました。
それ以来フレックスをリスペクト出来なくなってます。
そんなにイヤならやめりゃいいのに!と今でもフレックスに会ったら言ってあげたい気持ちです。

絶対にそんなかっこ悪い選手には私はなりたくありません。

ダイエットでは、食べれない物が多くなるからこそ、ちょっと暇を見つけたらスーパーやショップでダイエット中でも食べられる食材を探すのが楽しみです。

今日もそんなダイエットに最適な食材を見つけました。

無印良品のインスタントラーメンです!

大手の企業が出す食品ですから、分析表を偽造していることはないと信じてますが、これが素晴らしいPFCバランスなんです。

ダイエット時期に無性に食べたくなるラーメン。
今迄はカップヌードルのライトを食べてましたが、カロリーは200弱ですが麺の量が少な過ぎて食べた気がしませんでた。
二口ぐらいで無くなる量なんです。

しかし、この無印良品インスタントラーメンは量も多く、スープは沖縄そばか我らがふるさとのスガキヤラーメンみたいな風味で抜群のラーメン!!

313kcalでたんぱく質は何と10.5gなら軽食にもピッタリ。

他に味噌ラーメンもありますが、脂質がちょっと高めの3.5g。

これはオススメですから、ぜひ試してみて下さい!

こんな小さな幸せを感じられるダイエットも楽しくね!!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。