スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松崎先生も頑張る!

今日は久しぶりに代々木上原の歯科医、松崎先生がトレーニングにお見えになりました!!

松崎先生も山岸プロ応援モードでトレーニングにも気合いが入ります!
松崎先生は静岡に本院、ミッドブレス初台にほど近い代々木上原に分院を持たれ、週末は代々木上原、平日は静岡と忙しい日々を送ってます。
山岸プロは日本に帰ってくると、一番に松崎デンタルオフィスにて歯の治療を必ず行い、マウスピースを作成、愛用したりしており、松崎先生に絶大な信頼をおいてます。
前回の来日時にも奥歯の親知らずを抜いてもらい、数分後にはハードトレーニングしても出血はないから、やっぱり松崎先生凄い!!と喜んでましたが歯の治療したらちょっとは休まないといかんのしゃないかとこちらが心配したくらいです。

松崎先生は昨年は私同様に一年間コンテストを休み、今年は主戦場を東京から静岡に移し、ミスター静岡を狙いに行きますが、私から言わせたら静岡から東海大会までを視野にがんばって欲しいものです。

東京クラス別を奪取しながら静岡を取れない…なんて言う事無いように最大にプレッシャーをかけておきましたから、過去最高の仕上がりで出場してくれる筈で、すでに徐々にダイエットは本格モードらしいです。

松崎先生は私と同じ年齢で、身体がいかに大変になるかを同じ立場で相談出来るので、私も良いライバルとして相談にも乗ってもらっています。

我々の年齢になると極端に脚が細くなる傾向があり、また故障や怪我などで脚のトレーニングを敬遠し、更に細くなってしまうダメなスパイラルに入ることが多いので、私も松崎先生も脚トレーニングは週2回でうまく加圧トレーニングを活用しています。

ハムやカーフの比重を増やしながら、内転筋のボリュームを増やすことがポイントだと思います。

またハムからカーフにかけてのストレッチがボリュームを増やすポイントです。


とかく、四頭筋特に内側広筋にウェイトが逃げがちになりますが、根元からチカラを出すことが重要なトレーニング方法です。
腹圧、骨盤の向きに注意しながらの正しいレッグエクステンションが出来ていたらボリュームのある脚はできていきます。


今日は松崎先生から非常に興味深い話を聞きました。
実は代々木上原の分院は差別化をするために特に最近はお子さんの矯正などをメインにしているそうですが、私がイメージする歯科矯正はブリッジをして歯を無理やりながら矯正していくものと思っていましたが、今は革新的な取り組みが非常に効果を発揮しているそうで、それはお子さんの自身の噛むチカラや口角全体の筋力をアップさせ、自然に矯正する方法だそう。
そのポイントは舌にあるそうで、身体の歪みやバランスは舌がスタビライザーの役割りをはたしているらしいのです。

噛み合わせで筋力がアップする事は聞いたことがありましたが、舌にそんなチカラがあるとは思いもしませんでした。

ちょっと聞いた程度なので、どこまで効果があるかはわかりませんが、今日の私の脚のトレーニングでちょっと舌にチカラを入れてトレーニングしてみました。
なるほど、バランスは上がる雰囲気がありますしこれはかなり興味深いトレーニング方法になりそうで、久しぶりにその権威と言われる先生のセミナーにも参加してみたいと思います。
何事も知る大切さを教えてもらった気がしますね。

松崎先生曰く12歳までの歯科矯正はこの方法が非常に効果を表す様です。
ぜひ、ご興味があれば松崎デンタルオフィスまで連絡してみて下さい!
MDO(松崎デンタルオフィス)
http://www.matsuzaki-dental.jp/yoyogi/sp/

私は舌トレーニング!早く知りたいなぁ。
ぜひ、この舌トレーニングマスターしたいです。



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。