スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張ろう!

あの2週間前の山形から実はずっと身体の調子がいままでにないくらい悪く、ずっとトレーニングを再開できずにいました。
ちょっと無理してトレーニングし、自宅に帰ると急に考えられないくらいのめまいや寒気に襲われ、高熱が出たり…。

恐る恐るトレーニングしながらも、自宅に帰ると熱が出るの繰り返し。
出来るだけ栄養のあるものを食べようとしても食欲不振で、最近はちょっと具合いが悪いとお蕎麦に卵とトウガラシをたくさん入れて、スープを餡掛け風に片栗粉を溶かしドロドロにしてスープまで飲み干し、身体をひたすら暖める様にしています。

昨日はトレーニングする気力もなくずっと寝ていたら、何気に回復の兆し。

ようやく本格的にトレーニングに打ち込める様に回復してきました。
まぁ、何事も無理は禁物ですが、今回は長かったなぁ…。
体重はあっという間に減るし、体力は無くなる…。
これが50歳の洗礼と言うものか…と。

実は今日で、目標とするニューヨークで開催されるアトランティックステイトまで3ヶ月をきりました。

6月21日の土曜日に開催される訳で、当初の予定を大幅に狂わせるこの不調な身体でしたが、やっぱり年月は待ってはくれません。

すでにエアーの予約も取り付け、18日の水曜日に出発の水曜日の昼に到着。
カーボアップが始まるスケジュールです。
ニューヨークは一度しか行ったことがないので、かなり不安ですが山岸プロは前週辺りのニュージャージー州のコンテストのゲストみたいで、予定が合えば是非来てくれる!と連絡がありました。
まぁ、山岸プロは色々忙しく大変なのでここは私がガツンと頑張ってくるしかないかな!?と気合いも入ってます。

私がアメリカのNPCにチャレンジするのは単純にアメリカが好きで、本場のコンテストの雰囲気に憧れただけ。


日本人が少ないながらも挑戦する姿を見て、最初は自分になどできる訳がない…と諦めていました。
レベルも環境も何もかもわからない場所に行くことに最初から白旗をあげていたのです。

しかし、ある時私が尊敬する今は山梨で頑張っておられるボディビルダーの五味選手に会った時にこう言われたのです。
「年齢、性別、環境、お金なんか関係ない。ダメだダメだと言ってる内は何をしてもうまくいかないし、そんな根性でアメリカなど来てもうまく行く訳がない!
やるか、やらないか!それだけだ!」
こんな感じで言われたことが頭から離れない衝撃でした。

実際、五味選手は全てを捨てて単身ロサンゼルスに渡り口では言えない苦労を重ねてボディビルダーとして行きてきました。
そんな先駆者の方の何気ない会話に私の人生は180度変わったと言っても過言ではありません。

アメリカ発のボディビルを真剣に取り組み、その本場に足を踏み入れず日本の「ぼでぃびる大会」で一生を終えたくなかったのが偽らざる心境だったのです。
アジアに行きたい訳でもありません。
本場に行きたい、それだけです。

しかし、アメリカに行ったから何か変わる訳でもありませんし、コンテストに出たからエライ訳でもありません。

しかし、自分の可能性を少しでも感じられる環境、また慣れない土地で様々な苦労をしながらも、コンテストに出場している自分が楽しくて仕方ないのです。

もし、こんなバカな男が居なかったら、若いビルダーもじゃあ僕も!とはならないんじゃないか?と今ではそんな気持ちもないわけではありません。

私がミスターカリフォルニアに出場できなかった事も今となっては笑いばなしだし、もうそんなミステイクをする選手もいないだろうし。

さぁ、後三ヶ月には何が待っているのかワクワクしてきます。
体調も良くなったし、ヤル気もパワーも上がってきました。

私には幸いにもミッドブレスを始め、USBB-JAPANの仲間、ボディビル仲間、山岸プロを始めとするチームHIDE、私を心から支援してくれる仲間がたくさんいてくれます。

そんな方々と私はいつも一緒にステージに上がってきました。
私の胸にはそんな気持ちが詰まっています!!
負けても勝てても、そんな仲間とのプロセスをこれから満喫しながらニューヨークに向けて頑張ります!!

気持ちはいつもGO FOR ITです!





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。