スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハードなトレーニングで鼻血ブー!!

今日はミッドブレスに来て初めての体験!!
水戸川支配人とマンツーマンでトレーニングです!!
これまでは山岸プロが来日した際に一緒させていただいたり、数人でのトレーニングセッションはありましたが、GW初日のイベントとしてはかなりアゲアゲなトレーニングになりました。

ターゲット部位は背中!
この背中は私自身の大きな課題でもあり、プラトー打破にはよく様々なトレーニーの方々とご一緒させていただいてます!
ドラゴンゲートの土井選手!

もちろん、パルンボ井若も!

背中は種目も多くなりがちだし、辛さも脚並みになるので、ワイワイ言いながら皆のペースに乗り、勢いでやる事も大切だと思ってます。
まず、自分一人でやるより気を抜けないし、気合いも入るしいい事だらけです。

まずは加圧ベルトをして収縮系をバリバリこなしていきます。
しかし、丁寧な収縮を心がける為にもワンハンドが中心!
ツーハンズも収縮ポイントを逃さないスピードとストレッチが必要になります。

ワンハンドローイングをフルレンジで15回からボトムの収縮を15回。更にノーウェイトで肘を背中に送り込みながら体軸も捻転するエルボーロウ。
言葉ではわかりにくいですが、広背筋の下部、広がりの部分を意識できる非常に良いトレーニングです。
これを4セット。
もちろん、インターバルは交代中のみでポンポンいきます。
次はワンハンドハンマーラットプルをサイドに使うプルダウン。
15回からボトムのショートレンジを15回。
4セット。
次にハンマーインクラインベンチをロウで肩のリヤ、肩甲骨の収縮を意識してスピードを上げたロウ。
プラス、身体を沈め肩甲骨を寄せるストレッチ的なプッシュを左右からフロントまで。
20回から10.10.10回を4セット。

次は加圧ベルトを外して胸椎部分から折り曲げるようにしたハーフダンベルデッド。
ポイントは腹圧を下げずにダンベルを肩甲骨で吊り上げるイメージのデッド。
ゆっくり常に肩甲骨の広がりを感じる様なデッドをしていきますが、ダンベルを持つ手は内転していくことです。

これを10回からすぐに今度はこのダンベルを使いダンベルプルオーバー。
10回でプルオーバーは横隔膜を上げながら深い呼吸をしつつ頭上にダンベルを放り投げるイメージです。
だいたい40kg位のダンベルでやるとかなりストレッチが効きます。
イメージはポージングのラットスプレッド。
広がりが大きく違ってくる種目です。
次はラットプルマシンで2種目。
ビハインドネックとフロントプル。
どちらも脊柱起立筋がポイントです。
この辺りで肩甲骨を縦に動かすドリル的なトレーニングを入れます。
ミッドブレスではアブマシンを有効に使っています。

もちろんショートレンジですが、肩甲骨を縦に使う感覚を養います。
50回を4セット。

ラストはスミスマシンより、カールマシンで行う方がやりやすいので、カールマシンを使いますが、バックのアッパーシュラッグ。
20回を4セット。

早足で種目だけを紹介しましたが、背中のポイントは肘をいかに使えるか!です。
皆さん、バーやダンベルなどを握る為にパワーグリップなどを使っていると思いますが、あれはあくまで滑り止め。
パワーグリップをせっかく使っているのに前腕や握力のチカラがなくなる握りでは良い背中のトレーニングは出来ません。
あくまでソフトタッチながら、肘を動かすイメージが大切です。

しかし、私より4つ年上な水戸川支配人のトレーニングの強い事、強い事。
さすが毎日しっかりトレーニングされているだけあります。
しかも、パートナーは格闘家の門馬選手!
やっぱりジムオーナーとしてトレーニングがハードに出来てやっぱり本物です!
日本のフィットネスクラブの社長、見習わないとダメですよ~!!
トレーニングといってたまーにチョットバイク漕いだり、走る位じゃ顧客満足度もクラブの本質である、トレーニングも決して理解出来ないですよ。

クラブオーナーとして誰にも負けないトレーニング魂を私は本当に尊敬してます!!

トレーニング後には久しぶりにキッズ空手の面々が来てパワーもらいました!

プロテインより身体にいいわ!

って、師範まで腕にぶら下がってどうする!?

本当、今日は清々しいトレーニングが出来ました。
ありがとうございました!





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。