スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やる事いっぱい…。

気がついたら、もうGWは終わり5月も1/3が過ぎようとしています。
毎日2回の有酸素運動と右腕に着けたナイキプラスが功を奏し、体重だけは順調に減っています。

しかし、筋肉が残る気配が徐々に無くなり最近は不安との戦い。
やっぱりコンテストをわずか1年でも離れると良い事はありませんね。
経験も思い出しながら…となってしまいます。
脱ぐのも本当怖いとはこの事です。

これからは体重(筋肉)が減らない様にうまく有酸素運動を取り入れながら、自分の身体をもっと客観的に見て行かなければならない時期です。
焦らず、慌てず、自信ななくともトレーニングはハードにやるしかありません。
また、ちょっと摂取するカロリーや内容を変え、上げてしばらく様子を見ていきます。

私は現役の選手でありつつ、パーソナルトレーナーでもあるので誰もが成功に導ける調整やコンディション作りの方策を自らの身体で試しているのも大切な役割りだと思っています。

書籍やネット、海外の情報が日本人のビルダーに当てはまるとは思えないし、しかし、調整の方法は日夜進化しています。

私は自分が試さない、結果を出してもいない調整の方法や、ダイエット、バルクアップの方法を勧める様な適当な事は出来ません。

厳しいダイエットやコンテストに向けてのコンディション作りは確実に進化しているはずだし、旧態依然の方法では結果は出ないと思っています。
何もしないのが一番正しいと言う方が時折いらっしゃいますが、やり方を知らないだけで、そんな事を言うのではないかと思います。
確実に正しい最終調整で身体は激変するのです。

たぶん、多くの選手の皆さんは塩分カットや水分カット、様々な調整を誰からともなく知らされ、極力少なくする、全く取らないなどこれが正しいボディビルのコンテストの調整だと信じてやまないのかもしれません。

具体的な量や摂取量、タイミングも多分適当…ではありませんか??

厳しいダイエットをして、ラスト1週間が本当のコンディション作りの本質が試される時です。

この時期を少ない経験や、失敗、成功もなくアドバイスするよりは、様々な施策や失敗を重ねた結果導き出した答えが私は一番正しいアドバイスではないかと思います。

私は自分が真剣に勝ちたいし、負けたくないから必死でそのコンディション作りを探すし、試します。
だからこそ、正しいアドバイスが出来るんだと信じています。

今年は今迄とはちょっと違うダイエットのアプローチから有酸素運動、サプリメントまで繰り返しています。

まだまだ山岸プロに実際に見てもらいアドバイスをお願いし、確実に最高のコンディションを作りたいと思っています。

そんな中、ちょっと面白いサプリメントを見つけました。

ボディビルダーなら誰もが必死になり、トライする日焼け。
このPura Sunなるサプリメントはオールナチュラルで、メラニン色素に働きかけ自然な肌の黒さを促進してくれるサプリメント。

ビタミンAやビタミンE、キャロットオイルなどごく自然な原料が用いられており、使った人はものすごく自然な肌色になっていました。

これでたまにタンニングをしながらこのサプリメントを飲んでいれば、コンテスト当日には軽いブロンザーだけで大丈夫かも。
コンディション作りにはあれやこれややる事満載で時間がいくらあっても足らない毎日。
こんなサプリメントで時間の節約を今年はやってみます。
ダメならやめればいいので、何事も私が実験台!
また報告しますね!






Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。