スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新潟は笹だんご!!

突然ですが、私の考える郷土銘菓ベスト3はもちろん三重県の「赤福」福島県の「ゆべし」そして新潟県の「笹だんご」です。
特に笹だんごには強烈な思い出と思い入れがあり、大大大好きなお土産。
笹の香りとあのヨモギの香りにモチモチっとした食感。
まぁ軽く一度に1トンは食べれるくらいに大好きです。

そんな新潟県から今日はわざわざ私とのトレーニングの為に上京してくれた方がいらっしゃいました。
新潟県新発田市からお見えになった遠藤さん!

トレーニングは新発田市の公共体育館で一人で頑張るトレーニーです。

遠藤さんとは4年前に私が新潟市にあるスポーツショップでグリコパワプロの試飲会にお邪魔した際にわざわざ新発田市からご家族で駆けつけてくれたのがご縁です。
まだまだその時はトレーニングを本格的に開始した辺りで、身体もこれから!と言う状態でしたが、今日久しぶりにお会いしたらすでにビルダーといういでたちになっていました。

遠藤さんは今年のUSBB-EAST JAPANコンテスト、仙台大会に出場するべく調整中ですが、初チャレンジにしてあの身体ならかなりレベルの高い戦いがみれると思います!

一人でトレーニングしている不安や悩みもあるとは思いますが、これからはチームUSBB-JAPANとして私もフルサポートしていきたいと思います!

遠藤さんのトレーニング環境は遠藤さん曰く、簡単なマシンがちょろちょろとあるだけの非常に寂しい施設だそうで、有る意味地方の方々が普通に頑張る環境なのかもしれません。
私は今、ミッドブレスという非常に恵まれた環境でトレーニングさせていただいていますが、この恵まれた環境だけで身体が出来るとは思っていません。
環境は別にトレーニングに対する創意工夫、筋肉に対する造詣、知識がそれらに合間って出来ていると思います。

新しいクラブがどこどこに出来た!
あのクラブじゃなきゃトレーニングもいい身体も出来ない!と言う方がたくさんいます。
私も新宿のフィットネスクラブでたまにトレーニングしていると、こんな場所じゃ満足にトレーニング出来ないでしょ?もっといい場所行かないの?などとご丁寧にアドバイスくれたりする方がいますが、決してジムが身体をつくる訳ではありません。
素晴らしい環境ほど、創意工夫、試行錯誤がなくなり環境に甘え思う身体が出来ない事の方が多い様に思うくらい。

何事も与えられた環境に対し精一杯の努力により、目標は達成されるのです。
満足にマシンのない50年前からもボディビルやミスターオリンピアはあるのです。

環境より努力で身体を作りあげましょう。

そんな遠藤さんにはフリーウェイトも少ない環境でより効果的に刺激をきちんと与えられるトレーニングをご紹介。
特に私は試合期に入ったらチューブによる収縮のトレーニングを取り入れる事をオススメします。

チューブ、ゴムトレーニングは伸びれば伸びるほど負荷は高まる可変式のトレーニングになります。
もちろん、チューブが伸びると言う事は筋肉が収縮する、しきった状態での負荷が一番高まる場所でもあります。

二頭筋のピークを出す種目と言われるコンセントレーションカールもダンベルよりやはりチューブの方が理にかなっているハズです。

普段でも収縮時の状態が一番休む状態になっている方をよく見かけます。
大切な場所が休む場所になってしまう事なく、テンションを常に高い状態でトレーニング出来るのがチューブトレーニングです。

あのブランチワーレンがよくトレーニングに使うチェーントレーニングも同じ原理と言えば同じですね。
ダンベルにチューブをつけてワンハンドロウをすれば軽いダンベルも十分な負荷になり、ダンベルが慣性で余分な動きや反動も抑えられ、適切な収縮を作り出せます。
ぜひ、自宅トレーニングや少ない器具の環境でトレーニングする方は取り入れてみてください。
オススメなチューブは自転車のタイヤのチューブ。
自転車屋さんで廃棄するチューブをいただいてくればコストはかからないし、非常に丈夫なチューブですから、ハードトレーニングには最適!

環境に負けず頑張ってください!

そんな遠藤さんからは新潟県の銘菓、笹だんごをいただきました!

久しぶりの笹だんごはちょっぴり苦くて甘い思い出の味!
久しぶりのスィーツに更に頑張って私もトレーニングするパワーをいただきました!

遠藤さん、ありがとうございました!
9月27日のUSBB-EAST JAPANコンテストに向けて頑張りましょう!







Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。