スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイケル・ジョーダンステーキハウスハウス

今朝は持参ボケもなく、爽やかに起床!
昨夜は帰宅後横になったらあっという間に爆睡…!

今朝は早速横田基地に向けてトレーニング開始!
頑張ります!

トレーニングが終わり有酸素運動中にニューヨークで書ききれなかった事を楽しく思い出しながら書いていきたいと思います!


コンテスト翌日の日曜日の食べまくりにも飽き足らず、月曜日もニューヨーク中を一日中動き回り、食べまくりました。

パンケーキにドーナツにピザにカップケーキにBBQサンドイッチにハングリーマン…。

今ニューヨークにあるジャンクフード全てを食べてる感覚です!
おかげさまで見る見る体重は増えて何と!!
211パウンドオーバー!

山岸プロと戦う体重にきてます…。
まぁ、ニューヨークにいるうちだけですから…。

日中のそんな手軽なジャンクフードからディナーはちょい格が上の高級レストランでプチオシャレして出かけてきました。

場所はニューヨークで一番有名な駅、グランドセントラルステーションです。

数々の映画の舞台にもなり、最近ではコリン・ファレル、ジェシカ・ブラウン主演のロマンスファンタジー映画「ニューヨーク冬物語」がもろ舞台になってます。
ちょっぴり泣けるファンタジー映画ですからぜひ、ご覧になってみてください、グランドセントラルステーションが良くわかります。

また東京駅とは姉妹駅としても知られていますね。

地下鉄でもありますが、全米様々な遠方地方への電車の発着駅でもあり乗降者も非常に多く活気あふれる駅です。

豪華な駅舎の天井には星座が描かれ、それはあり得ないくらいの規模と素晴らしい作りは撮影スポットにもなり、観光客はもちろん、三脚を持つ写真マニア?もみかけます。

グランドセントラルステーションの時計台で待ち合わせ…みたいな。


そんな豪華な駅舎の中二階のテラスを利用してオープンするのが「マイケル・ジョーダンステーキハウス」

あのNBA史上最高のスーパースター、マイケル・ジョーダンがオーナーのステーキハウスです。

ニューヨークでレストランと言えばステーキハウスでしょう。
ウルフギャングやピータールーガーなどたくさんありますが、やはりこのスーパースターがオーナーと言うだけで、絶対行きたくなるレストラン!!
でもいくらジョーダン好きとは言え、ジョーダンウェアにジョーダンシューズはNG…。
豪華な店内にはある程度のドレスコードを守らないとめちゃくちゃ浮いてしまいますからね…。


ジョーダンステーキハウスの入り口は本当駅舎構内。

バールームを抜けるとワインセラー。
ジョーダンはワイン好きでも有名ですね。


駅舎の高い天井に合わせた豪華なシャンデリア、豪華なテーブルにちょと引き気味になっちゃいますが…。

個室にはジョーダンの写真が4枚ほど掲示されてますが、他はジョーダンらしいウェアやシューズやサインなど一切なし…。

通されたテーブルからは駅舎が一望出来る解放的な場所。
他のテーブルでは数名のビジネスマンがディナーミーティングをしており、さすがな雰囲気。

また、ステーキハウス特有の薄暗~い店内じゃなく、すごく居やすい空間です。

まずはワインから…と言ってもわかんないからビール。

アペタイザーにはガーリックブレッドのゴルゴンゾーラソース。


名前に惹かれたジャンボシュリンプ”23”カクテルソース。


メインのお肉はBone-in Filetをレアで。
付け合わせにはこれまたジョーダンの名前がついたマイケルズマカロニ&チーズ。

まぁ、驚いたのがガーリックブレッドゴルゴンゾーラソース。
ブロック状にカットされたパンにはしっかりガーリックが効いてこれだけで十分美味いのですが、このゴルゴンゾーラソース…!
う~ん、お風呂にしたいくらい美味い!


ジャンボシュリンプはただのえびのカクテル。
23の名前に特に意味はないみたい…じゃあ惑わすだけだからつけるなよ…みたいな。

他にもオススメには23の名前が入るみたいですが、ジョーダンが好きなんかなぁ…?
次回はマイケル・ジョーダン23バーガーと全てが乗ったバーガーを頼みたい。

メインのお肉にはドカーンとTボーンのフィレ!!

柔らかくても骨の近くなので歯ごたえもあり、肉の美味さを実感出来るステーキ。
肉の表面にもしっかり塩、コショウがひかれて何もソースが必要ない美味さ。
これはいい!

付け合わせのマカロニチーズも焼けたチーズがマカロニにからみ、味もパスタの硬さもほどよくいい塩梅。
問題は量の大さだけ…。

次にニューヨークに来ても再度来たいと思える最高のステーキハウスでした。

予約をしないと入れないレストランだと思います。
今回はたまたま日本人のお客さんのキャンセルがあり無理くり入れてもらえましたが、ニューヨークに行ったら必ず立ち寄りたいステーキハウス!!

さぁ、もう一つのメインのデザート!
と、言いたいところですが、グランドセントラルステーションに来て絶対に行かなきゃ行けないお店!
「グランドセントラルオイスターバー」
地下に下りたらすぐだからレストランのはしごだ!





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。