スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張る、コンペティター!

ここ最近はボディビルシーズン全開からか、ミッドブレスにもわざわざ遠くからボディビルコンペティターの皆さんがトレーニングにお見えになってくれます。

7月20日には神奈川県大会があり、神奈川オープンと言うカテゴリーがあるそうで、そのオープンには所属ジムや所属など一切関係がなく、出場が出来てそんな手軽さがあいまって、たくさんの方々が出場されるようです。

まぁ、本来は自分の出場したい大会に所属関係なしに自由に出場出来るのが本当の姿だと思いますし、だからこそボディビル人口が増えていく良い傾向だと思います。
ジム存続の利害関係だけを重視してきた団体のツケがここに来て明白になっていると思いますが、ここは良い見直しの機会ではないでしょうか。

そんな自由参加の大会でもやはりポージングなどはきっちり取り組まなければならないと思います。
ステージでポージングが分からず無駄な汗は流したくないもの。

しかし、なかなかポージングを指導してくれる場所、ジム、機会がないのも現状かもしれませんね。
私もJBBFのボディビル指導資格者ではありますが、パーソナルトレーナーでもない限り指導する機会はなかった様に思います。
これもせっかく指導資格を作ってもうまく運用されなければ意味がないですよね…!

日本最大の団体の抱える課題、問題は多いと思いますが、手付かずと言った感は拭えません。

そんな中、やはり一番リクエストが多いのもポージング指導です。

ボディビルとはすなわちポージングですからね、当然と言えば当然です。

私もコンテスト前は必ず山岸プロの元に出かけボディチェックを兼ねてポージングを見てもらいます。

ロサンゼルスしかり、ニューヨークしかり。

先のシカゴプロ212で準優勝した山岸プロはIFBBプロリーグで1.2を争うポージング巧者として有名で、そのポージングを見たさにゲストポーザーとして世界各地からオファーがかかるのです。
まさにポージングが上手い!イコールボディビルが最高な選手と言う事。

私が日本のアマチュアで一番うまいポージングをする選手をあげるとすれば、それは谷野選手。
自分のストロングポイントを非常に良く知っているし、抜群の見せ方、引き込み方を知っている選手です。

私も何度か一緒にポージング練習する機会に立ち会いましたが、見ていて嫌味はないし知ってか知らずかわかりませんが、指先まで神経が行き届いているのがわかります。

ぜひ、DVDなどで一度じっくりみてください。参考になりますよ。

このブログでもいく度となく書いていますが、ボディビルはポージング。
いくらトレーニングがうまくてもポージングがへたなら簡単に順位は下がってしまいます。
まず、雑誌の解説でもポージングのうまい下手は話題になるし、それがボディビルの本質なのです。

立ち姿勢をバレエの基本1.2.3からでもぜひ学び直して見てください。

ボディラインの出し方、ボディバランスの組み方、全てはバレエが基本なのです。

チカラの入れ方も単体ではありません。

複合的にチカラをいれますが、そこには重大なコツがあるのです。

ある箇所にチカラを重視していれる場所、下半身、上半身全てにおいて過不足なく収縮出来るポイントがあるのです。

ポージングを形から入っても決してよい筋肉のラインは浮き出てはきません。

肘を上げる、下げるなどの変化を言っていては良いポージングは出来ないのです。


ぜひ、筋肉に性質をよく理解してポージングを学びましょう!!
トレーニングとポージングがリンクするトレーニングにしなければ意味がないですよ!!

まずは何がなくともポージング!
私も毎日それは欠かせません!

昨日は昭島市から横田に出場する清水さんが来てくれましたが、これがまた素晴らしいお菓子をお土産に持ってきてくれました…!

ただのモナカではありません。
あの北島三郎がテレビで絶賛する今年のあんこ系No.1間違いなしの紀ノ国屋、相国最中!!

いゃあ、ダイエットなんかどうでも良くなるうまさ、甘さ!
また、塩分がないのでカーボアップに最適かと…!
清水さんがコンテスト会場でカーボアップ始めたら必ず横取りする予定!!
それくらいうまい!

清水さん、期待してます…!

また、今日は昨年のミスター東京オープン覇者の藤代選手が初台にきてくれました!
まだまだ若いのに素晴らしいバルク!つい最近まで肘をケガしていたらしく、テンションも下がり気味だったそうですが、ケガの回復と共にまたヤル気が増してきたそう!
未来のミスター日本候補ですからね、しっかり身体を治し、またステージに万全で立って欲しいものです!

今日はケガをせず、やはりポージングとトレーニングをリンクさせる様な内容で頑張って頂きました!
センスは抜群なので、本当期待してます!
そんな藤代選手からはレンコンサブレを頂きました!

地元土浦市はハスが特産品でこのハス(レンコン)を使ったちょっとオシャレなレンコンサブレ!

意外にこんな素朴なお菓子好きなんだよなぁ…。
紅茶と共にティータイムと行きたい気分!
ありがとうございました!

さぁ、皆さん、頑張れば必ず報われるボディビル!
気合いと笑顔で頑張りましょう!!






Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。