スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミスター静岡!!

今日は全国いたるところでボディビル大会が開催されているらしい。

私もいつもより早起きして我が盟友の松崎先生が出場するミスター静岡を観戦に静岡県は島田市に行ってきました。
静岡市には仕事の関係で良く通いなれた土地ですが、島田市なんて初めて聞いた地名で行き方に非常に戸惑いました。

早めに着いた駅周辺でお茶でもしようかと思いましたが、コンビニもレストラン、喫茶店も皆無で昼食時に街を徘徊するも1軒空いていた中華料理店さんにはいれてラッキー…てな感じでした。

そんな島田市で開催されたミスター静岡。併せて東海大会も実施され盛り上がりを見せていました。


松崎先生の出場するのはミスター静岡マスターズ40歳とオープンクラス。

お伝えした一週間のミールスケジュール中も日々送られてくる写真をみながら微調整していましたが、今日の時間にピークはきちんと合って素晴らしい身体になっていました。

ミールスケジュールは今回は日本フィジークに出場された宇野選手を始め数人の選手にもフィジーク用のスケジュールや調整をお伝えしてきました。
皆さんの調整をこれまた日々写真で見てきましたが、全員また素晴らしい仕上げになり私もビックリ…。

フィジークの選手には過度なパンプアップは不必要で身体はパンパンながらソフトな仕上げが要求されます。
多くの選手はボディビル経験者で、筋肉を潰すポージングをする傾向にあります。
あくまでフィジークに必要なのはソフトな肉感にアウトラインにきちんとセパレーションされたミッドセクション。

これが素晴らしく完成されたのが宇野選手。
あくまで宇野選手のポテンシャルの高さですが、絶対優勝すると感じていました。

が、かなりのコンテストスケジュールに遅延がありややピークがずれた感じになったのが悔やまれます。
しかし、宇野選手は堂々の3位。
これからがますます楽しみです。しかもボディビル、フィジークどちらも対応出来る資質が良いのかも。
日本ハムの大谷選手です、はい。

一方の松崎先生は身体はピカイチでしたが、ポージングが素晴らしい。
あれだけ練習したらそりゃうまくなりますが、松崎先生は自分の魅せるポイントを知っていることが良い結果を生み出しましたね。
しかし、今回はコンテストスケジュールを早める意識か、フロントやバックのラットスプレッドを省くポージングラウンドになり、松崎先生の様な逆三角形のアウトラインが強みの選手を生殺ししていました。
スケジュール優先は良いですが、きちんと規定ポーズはTOP3候補には取らせてしっかりジャッジすべきです。

しかし、非常に気になったのは静岡全体の身体のレベルは非常に高いのにポージングのレベルの低さにはビックリしました。
あれは自分の身体を悪く見せる為のポージングでブロック大会以上になれば皆さん痛い目に合うのではないかと、気になって仕方ありませんでした。

所属ジムがあり、所属団体がもう少しきちんとボディビルコンテストを意識した啓蒙活動、セミナーなどの活用をすべきでしょう…!
一ボディビル好きとしてあえて苦言をさせていただきましたが、本当身体は良いのに非常にもったいないです。

松崎先生はミスター静岡マスターズは見事優勝!

しかもベストポーザー受賞!

ミスター静岡オープンは激戦のすえ、残念ながら準優勝!

だからバンザイは一つだけ!
でもオープンの部のベストポーザーをこれまたダブル受賞の快挙!
これは素晴らしい!

しかし、同じ歳の松崎先生のここ3ヶ月に渡る頑張りを見て改めてお疲れ様と共に非常に私にとっても励みになりました!
同じ歳の私達。
今年の成績まで同じ…!
来年はお互いリベンジに燃えてますから!!

打ち上げ、半分祝勝会は静岡の松崎先生行きつけのお店で静岡オデンから静岡の海の幸、山の幸をたんまりいただきました!

お店に表彰状を無理やり持ってこさせてハイ、チーズ!

松崎先生、静岡土産までわざわざ用意してくれました!

本当、優しい気持ちありがとうございました!!
松崎先生、飲み過ぎ注意だから!

松崎先生、宇野選手を始め選手の皆さん、お疲れ様でした!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。