スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さぁ、やってみよう!!

先日のUSBB-JAPANコンテストをご覧いただいた方々から一番多くいただいた言葉は「来年はこのステージに立ちたい」「来年に向けてがんばろうと思う」「出来るかなぁ…」様々な言葉を頂きました。

皆さんやはりコンテストを見て、コンテスに出場したいと思っていても、いざ自分の身におきることを予想しては非常にナーバスになっているんですねぇ…。
わかる様な気がしますが、わからない様な気がします…。

ボディビル、ビキニ、フィジークに限らずステージで身体を競うコンテストはあくまで他人と比べて競い、順位を争う事ですが、本当はいかに自分が成長していくかを確かめる場所でもあると思います。

コンテストと言う目標に向かって頑張るだけでも、非常に尊いことですし、アマチュアでがんばってがんばって、ステージに立つ日をイメージし、コンテストで負けて、勝って泣けるなんて高校生のクラブ活動以来ありませんよね…!
それが40.50歳になっても体験出来るんです。

出場するなら優勝するにこしたことはありませんが最初からそれだけに固執しては楽しいはずのトレーニングやステージがアレルギーになりかねません…。

プロの世界では勝つ事自体が求められていくことが職業になり、楽しむなんて言葉はナンセンスだと思いますが、アマチュア、しかも初めて体験する競技に勝つ事だけを求めるのはチョットなんだかなぁ…と言う気がしないでもありません。

では、何を目標に頑張れば良いのでしょうか。

まずは出場する事です。

出場したらそのステージから見える何かがあるはずです。
決して大げさではなく、コンテストに出場したら必ず人生が変わるはずです。

コンテストに出場する事はそれだけで十分、自分の人生に様々な出会いや様々なやりがいを生み出す事になるはずです。

何事もまずは出場してみることです。
ステージでたくさんの視線を一人受けてアドレナリンを出しまくり、負けて悔しい気持ちを味わってみることです。

翌日からのトレーニングが今までにない充実したトレーニングができるはず。
もし、優勝したら必ず新しい目標、それも高い目標を目指し更にがんばってトレーニングするはずです。

よく言われるのが、予選落ちしたくない。入賞出来ないと恥ずかしい。勝てるなら出場する!
ですね。
気持ちは良くわかります、もちろんわかります。
誰だって優勝したいし、いいとこ見せたいはずです。
私が予選落ちを繰り返した暗黒の10年なんて本当恥ずかしいの繰り返しと悔しいの毎日でした。
でも、諦めたらそれで終わり。いつかは必ず報われると信じて毎日鉄を挙げていました。


私が今、アメリカのNPCに出場するのはワクワク感と高揚感と失望感を求めて出場しているのかもしれませんね…。

アメリカのコンテストには誰も知った人はいないし、出場する人数やレベルさえわかりません。
ネットで昨年や一昨年のその大会を見たらものすごい選手が出てたりするので、見ない様にしてます。

だから当日に会場に行って受付や検量をしながら出場する選手の身体みながら、ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ…と一人ビビってます。

そのヤバさが私にはたまらないんです!
初めてミスター千葉に出場した時に味わった緊張とヤバさ、全く同じ気持ちになれるんです。

ここまでビビると人は開き直りが出来てまさに当たって砕けろ!の雰囲気に仕上がります。

すると今までビビってた選手に対して負けてなるか!!とステージでは隙間もポージングスペースも譲らないし、前に前にと気合いばかりでヤバさをすっかり忘れてしまいます。

この気持ちが楽しいんです。

ここまでくると絶対勝てると高揚感はMAX!
で、結果負けたら失望感もまたMAX…。

負けたらまた必ず来てリベンジしてやりる!
勝ったらもっとレベルの高そうな、ヤバそうなコンテストに行ってやろう!と考えてしまう私がいます。

初心者でも、ベテランでも、私の様なおじさんでも同じなんです。
アマチュアコンテストはリザルトだけが全てではありません。
プロセスがより大切なんですよ、実は。

勝ったところでそれは単なる自己満足だし、誰も覚えててはくれません、トロフィーだって邪魔になるだけです。
それより、次の目標に向かって頑張るだけでしょう!!

とにかく出場しかありませんよ!

そんな事を感じた今日、ミッドブレスにお見え頂いたのは日頃からトレーニングをがんばっており、10月に北区で開催される北区ボディビル大会に出場を決めたH岩さんです!

わざわざ板橋区の和菓子屋さん、石田屋の栗饅頭をお土産に頂きました!
ワーイ!

今日のお昼ご飯に4つ食べてしまいました…。
残り2個は寂しい…くらい美味しかった!
ありがとうございました!
そんなH岩さん、何事もチャレンジだとボディビルにフィジークとダブルエントリー!
素晴らしいですねぇ!
必ず新しい目標に新しい自分を発見できますよ。
今日はご自身の課題と言う胸トレーニング。

ヤル気が漲ってました!

これからトレーニングにポージングと様々こなさなくてはならない事が増えていきますが、大丈夫!
私が全力でサポートしますから!
大船に乗った気持ちでいてください!
私でダメなら山岸プロがいますから!
TEAM HIDEのメンバーですからもっとたくさんの仲間が応援してくれます!

ボディビルは一人で頑張る競技じゃありませんよ!
チームで苦難を克服していくものです!
コンテストがおわったら皆でワイワイ遊ぶんです!
嬉しさ、苦しさを分かち合いましょう!

さぁ、その背中を誰かが押してくれるのを待ってはいけません!
一歩踏み出したらそこはパラダイス!
私がコンテストに出場をオススメして出場して後悔した人は一人もいません!

コンテストを探しているなら、9月27日に宮城県は仙台市で開催のUSBB-EASTJAPANコンテスト!
まだまだ間に合うコンテストです!

クリックしたらそれから先はコンペティターです!

*USBB-JAPAN ホームページ*




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。