スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パーソナルトレーナー!

今日はわざわざ名古屋から古い知人の甲村君、牧君がミッドブレス初台に来てくれました。

彼らは現在、愛知県でバリバリ活躍するパーソナルトレーナー!
また、甲村君は今年のミスター愛知県クラス別の+75kgで見事準優勝したツワモノです。

そんな彼らがミッドブレス初台に来てくれたのは、現在のパーソナルトレーナー活動を更にレベルアップさせる為に月に一度、私と一緒にトレーナー、トレーニングの勉強と実践をする為、また都内の様々な施設や同業に会い、刺激をもらうと言う非常に素晴らしい前向きな発想からです。

先日、名古屋に行った際に甲村君が相談がある!と言うので久しぶりに会い、今回のプランを聞いたので、私で出来る事があれば協力する!となり今日に至りました。

トレーナー、トレーニングを人にお教えすりその根本はやはり自分で経験し、自分で実践し、それを咀嚼して、自分の言葉で相手にいかにわかりやすく伝えるか!?が最大のポイントですね。
その為には自分が主観的になりがちな視線をいかに全体を見渡す俯瞰する視線を持つかがポイントだと思います。

トレーナーに必要な事は察知力。

また、ホスピタリティ。

また、モチベーターである事です。

トレーニングにまた来たくなる様な雰囲気と個人のパーソナリティを磨く事も非常に重要ですね。

また、従来のトレーニングに対する概念を一度根本から見直す事も必要です。
そこに自身が提唱するトレーニング理論も根底にないといけません。

教科書やセミナーで聞いた事、他のトレーナーがしている事の生き写しでは決して自信を持ってトレーニングを提供する事にはつながりません。

自身のトレーニングポリシーを確立する事も差別化する一つだし、それは自身の信念にも通づる事です。

一つの理論に執着したり、固執する事より多様性を持つ自身の発想は必ず必要ですが。

また、トレーナーと言うより社会人としての知識をいかに持つかは大きなポイントです。

様々な内外のニュースや事情、知識をそのクライアント様の近い情報を持ち合わせ知るべきですし、知らない事はないくらいに自身の知識量は増やさなければ、やはりトレーナーは頭まで筋肉だ…と揶揄されてしまいますね。

新聞を斜め読みする必要もあるし、政治経済や外交、ホットなニュースも知るべきです。
くだらないアイドルの会話より、現実に起こるニュースを知らない方が恥ずかしい事です。
それは社会人として当たり前の知識なのですから。

今日は第一回と言う事で私自身が考えるトレーニングのあり方からトレーニング理論を理解してもらいながらトレーニング実践を行ないました。

まだまだこれからは理論以外にもトレーナーとしての立ち位置やプロモーションの大切さ、フィットネス業界からみた今後のトレーナーのあり方、社会における役割りにいかに絡んでいくかなど、更に深い話や実践をしていきたいと思います。

しかし、根本はトレーナーがプロとしてトレーニング理論を知らなければ意味はありませんが、実践がなければもっと意味がありません。

頭でっかちに知識をひけらかすより、200kgのベンチプレスをなんなくこなし、ダイエットをスイスイこなし、理想の身体を作り上げ、謙虚で知識溢れたトレーナーがこれからは過当競争の中必ず生き残るはずです。

彼らは若いが故にこれからの自身の将来への投資として行動にうつしたのだと私は評価しているし、出来る限りの協力は惜しまないつもりです。

私から何を学べるのかはわかりませんが、ぜひ一緒に私も初心に還って共に学びたいし、また一緒に勉強したいと言う若いトレーナーをこれからも応援していきたいと思います。





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。