スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶり。

今日は本当の久しぶりにJBの全日本ボディビル選手権を観戦に新大阪はメルパルクに行ってきました。

まぁ、敵対していると思われているUSBBチームですからね、視線も厳しいわ、ここでは言えない警告が伝えられるわの完全なるアウェイですから、1人で行くのは耐えられず、ビーフに護衛?をお願いしての観戦となりました。

まぁ、最初から選手は何処へ…の開会式に訳のわからない表彰と旧態依然、全く代わり映えしない進行でしたが、こう言うセレモニーは本当好きなんですね…。
ちょっと抜けだしてロビーに行ったらこれまた久しぶりの大先輩にお会い出来ました!

私が尊敬してやまない、山梨県ボ連の内藤理事長です。
私がボディビルに入会して初めて出会ったリアルボディビルダーで一番憧れた大先輩です。
最近では仲良くして頂いてますが、まともにお話出来る様になったのはジムに入会して5.6年してからの事で、それくらい雲の上の方でした。
トレーニングや雰囲気がとにかくカッチョいい内藤さん!
またぜひミッドブレスに来て一緒にトレーニングしたいですね!!

ようやく長い開会式が終わりいよいよプレジャッジとなりましたが、一番驚いたのが昨年のファイナリストは一次審査を免除される制度…。
ビックリを通り越して唖然です。

まぁ、時間の制約なのか何か意味があるのかは知りませんが、女子は通常に審査し、男子のみに適用というルールも理解に苦しみますね??

時間進行上の問題かも知れませんが、審査もこれまた省く省く…!

よくあれだけで審査を終われるか不思議でなりません。

これじゃ、努力に努力を積み重ねてきた選手もたまったものじゃありませんねぇ。
ファイナリストも予選落ちする選手も真剣さや取り組みに違いはないはずです。

しかも比較審査で同点を作り、再審査するくらいなら最初からもっと審査数を増やして比較すればいいのに…。

まぁ、そう言ってても仕方ないので、愚痴はこれくらいにしておきますが、注目の初出場、加賀さん。

体調もいいしミスター東京よりコンディションはあがっているはずです。
私も加賀さんの身体をみて手ごたえを感じてました。

そんな加賀さんは順調に一次審査をパス。
ファイナリストと組み合わせした二次審査がスタートします。

ここでようやくステージに上がる佐藤茂男選手はこれまた素晴らしい仕上げで完全に上位の射程圏内!!
加賀さんはいい雰囲気ですが、周りのベテランに混じるとややバルク負けの感は否めない感じです。
しかし、堂々としたステージングはさすがミスター東京!
今回は残念ながら二次審査で敗退ですが、私も加賀さんもすでに来年に向けてテーマも話し合えましたし、いつまで悔しがるよりとにかく今は出来る事を地道に一歩ずつですね!
来年に皆さんも期待してみて下さい。

女子では佐藤茂男夫人の三佐子様が出場しました。
リラックスでもくっきりした腹筋を見てかなり良いとは感じてましたが、健闘するも残念ながら敗退。

でも、女子は男子以上に審査が足りません。
あまりのないがしろ状態に腹が立ってきたほどです。

そろそろ愚痴はやめよう!
私もブログでの進行が端折り過ぎといわれそうですが、ミスター日本8位には佐藤茂男が入賞!
素晴らしい成績です。

彼をミスター千葉時代から知っていますが、コツコツ頑張ってきた甲斐があったと言うものです。
やはり茂男君の様にこれは誰にも負けない!というストロングポイントを持つ事も大切ですし、伸びる要因と言えそうです。
来年はさらに順位を上げ表彰台と行きたいです。
表彰台と言えば日本で一番権威があるこの全日本の表彰式は本当にお粗末です。
表彰状をしつこく読む時間があればあれだけ努力した12名全員に少なくとも役員からトロフィーなりを手渡しすればよいものを次々適当に順位を読み上げ、副賞を女性が渡す配慮の無さに呆れかえるばかりです。

選手の頑張りを褒め称えるのが表彰式なはず。
もう少し選手を連盟はリスペクトすべきでしょう…。

よい反面教師にしようと心に誓いました。
表彰式が終わり、皆で記念撮影!

久しぶりの木澤選手も今やベテラン!

いつまでもバリバリ頑張って欲しいですね!
帰りはビーフとサリーと様々な打ち合わせをする充実した新幹線車内!
よ~し、USBB-JAPANに向けて頑張るぞ!

選手の皆さんお疲れ様でした!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。