スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脚トレーニングは重力に逆らうな!

今日は月1回で名古屋からわざわざトレーナーの勉強の為に東京に来てくれる、甲村君、牧君のパーソナルコンビとトレーニング。
毎回、毎回様々な疑問や勉強への取り組みをしてくれるので私も逆に勉強になるし、若い彼らに触発されて良い刺激をもらっています。
若い内に様々な方々とコミニュケーションをとり様々な情報を集め、咀嚼していかに自分のものにするかで、その後のフィットネスに対しての取り組み方も大きく違ってくると思います。
我々は本やインターネットの情報を集めたら即、パーソナル活動が出来るような非常に危うく若い業界です。
我々がお相手するのは生身の人であり、その身体的、体躯的には全く違う方々ばかり。
もちろんダイエットも増量もパフォーマンスの高さや向上も違ってくるのは当然で、だからこそのたくさんの方々と話し、共にトレーニングして成果を出す様に日頃から鍛錬していかなければなりません。
自分が痩せっぽちであったり、太ってたり、筋肉をつけた事もない、ダイエットもした事がないパーソナルでは意味がありません。
机上はあくまで机上。
実践こそが全てなのではないでしょうか。

そんな二人が今日取り組むのは効果的な脚のトレーニング。
脚のトレーニングはすなわち骨盤への刺激であり、臀部への刺激なのです。
大腿部だけを考えてトレーニングするから脚に刺激を与えられず、結果太くはならないし、身体を支える筋肉を作る、連動する脚を作れないのです。

脚は臀部!!臀部を鍛えれば脚!!

まずはこれをしっかり考えてやりましょう!

まずは脚トレーニングの基本であるレッグエクステンション!

良くレッグエクステンションだけで脚は肥大するか?と質問を受けますが、やり方によっては必ず肥大します。
大腿部の付け根、これが支点になった場合です。
膝を曲げて伸ばすだけでは内側広筋、膝周りの筋肉だけを刺激するだけ。
レッグエクステンションは膝を伸ばしたらそこからがトレーニング。
膝をパッドから離すイメージの脚の挙上が必要です。
そこではバーを使わないレッグエクステンションを学ぶことです。
また、付け根を支点とする為にも腹部(体幹)の安定は言うまでもありませんね。

猫背でエクステンションしてませんか?
頭部のアクションで膝の曲げ伸ばしを使っていていませんか?

次は臀部、中臀筋のトレーニングから内転筋をトレーニングします。

脚のトレーニングで下半身以上に上半身の姿勢を考えなければならないのです。
これはエクステンションもカールもアウター、インナーサイもスクワットも同じです。

正しい上半身が正しい下半身を作るのです。

上半身と下半身を寸断させない骨盤、腰周りの使い方が必要な事が理解出来ると思います。

せっかくペアでトレーニングする事があればぜひ上半身の姿勢を見てもらうだけで格段に脚の刺激は違ってくるはずですよ。

俗にいうへっぴり腰は最大のNG(T_T)

1人でトレーニングする際のチェックポイントはかかる重力に対して垂直に頭を上げる意識が必要です。
もしこれが出来た時には無駄に重いカーフレイズをしなくてもふくらはぎは大きく肥大します。
ふくらはぎが大きくならないのは過度に重いカーフレイズをするから。
長く大きなストロークのレイズさえ出来たら必ず太くなります。

脚のトレーニングで悩む方、効果的なトレーニングをぜひご紹介しますからミッドブレスまでご連絡ください。
翌日から脚は必ず変わります!

ぜひ!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。