スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脚のトレーニングはこんな感じ…。

昨日は今年初めての脚トレーニング。

なかなか脚のトレーニングを「やるぞぉ!」と積極的にならないのは偽らざる気持ちです。

でも、加齢に伴い一番細くなるのは脚だとわかっているので、最近は嫌でもトレーニング頻度を増やしてカバーする様に意識しています。

しかし、仕事前や仕事の途中でやると最近は何故か後々がめちゃくちゃになる傾向があるので、仕事も何もかも終わってからひっそりとやる様にしています。
しかし、本当に嫌になる脚トレーニング。

そんなノリが悪い時は時計にリードしてもらい強制的なトレーニングをする様にしています。
レップもセット数もレストタイムもいわれるがまま。

ノリが悪い時にはこんなトレーニングもいいかも知れません。

トレーニングなんて良くも悪くも中高のクラブのノリでやるなんて楽しくていいと思ってます。

あくまで自分に打ち勝つより乗せられ結果終わってるみたいな。

昨夜の長嶋監督の番組で昨日は今年初めての脚トレーニング。
なかなか脚のトレーニングを「やるぞぉ!」と積極的にならないのは偽らざる気持ち。
でも、加齢に伴い一番細くなるのは脚だとわかっているので、最近は嫌でもトレーニング頻度を増やしカバーする様に意識しています。
しかし、仕事前や途中でやると最近は後々がめちゃくちゃになる傾向があるので、仕事も何もかも終わってからひっそりとやる様にしています。
しかし、本当に嫌になるなぁ。
そんな時はこのアプリを利用した時計にリードしてもらう強制的なトレーニングをする様にしています。
レップもセット数もレストタイムもいわれるがまま。
多少無理めに設定して頑張ると良いでしょう!

昨夜の長嶋監督の番組でリハビリの模様を見てましたが、トレーナーの方々が一番声と気合いを与え雰囲気を作り長嶋監督をノリノリにしているシーンは本当に参考になりました。

やるのは選手ですが、乗せる、モチベーションを上げるのは我々トレーナーですからね。
本当素晴らしいトレーニングを見せていただきました。

そんなトレーニングで私が一番好きなのはあのミロス・サルゼブ(山岸プロの最初のコーチ)が推奨していたジャイアントセット。
いつ果てることない延々と 続くトレーニングが何もかも忘れさせて吐き気との戦いが大好きですし、途中で辞めれないのが楽しい。

ヘッドフォンからは少女時代が爆音で流れ、みんなが応援してくれてるシュチュエーションが好きなんです。

空いているマシンを使い切る感じも大好き!

昨日はこんな感じを4セット!
全て加圧ベルトをグルグル巻きにしてますが、圧とか気にした事はありません…。
なるべくきつくだけを心がけてるダメ加圧かも知れませんが。

①レッグエクステンション×10

②アッパーレッグエクステンション×10

③スタンディングレッグカール×10
④アッパースタンディングレッグカール×10

⑤ワイドアウターサイ×10

⑥ワイドスモウスクワット×10

⑦インナーサイ×10
⑧ワンレッグプレス×10
⑨ハムプレス×10

10.ワンレッグプレスカーフレイズ×20×3
11.ワンレッグハックスクワット×10

12.ワンレッグカーフ×10×3


13.シッシースクワット×10
なんて感じ。
途中でカーフを休憩に使うのでカーフはわからないくらいやって呼吸を整えてます。
セット間もないので、途中何をしてるのかわからなくなるグダグダぶりですが、しっかり収縮と伸展は意識してます。

まぁ、自己満足と言われればそれまでですが、トレーニングなんて全て自己満足*\(^o^)/*
今日も気持ち悪さ全開のトレーニングが終了!
明日は松崎先生からお呼びのミスター静岡(結婚式)の本番!
今日もラストトレーニングからサウナに日焼けと全力疾走してきます!
体重はニューヨーク並みに落ちてますが、お腹はダブダフ…!
松崎先生、ごめん(T_T)




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。