スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まずはインナーソールから見直そう!

今日は名古屋で伊藤ちゃん主催のマッスル新年会に参加する為に朝から新幹線で大移動です。
移動の楽しみと言えばもちろん駅弁!
今、新宿京王デパートでは全国駅弁祭りを開催して連日の大盛況らしく、牛肉どまん中弁当でさえ、60分待ちの行列が出来るほどに駅弁は大ブーム…。
そんな駅弁も東京駅じゃ、あっさり買えたりします。
今日は朝から新幹線と言う事で奮発して2個買いー!

普段はシウマイ弁当なんですが、今日はその並ぶと言う牛肉どまん中に牛タンどまん中がついたツイン弁当!!

牛肉どまん中弁当は山形県の米沢牛を使った豪華弁当ですが、その米沢市からイワシを酢で〆たイワシ寿司弁当をプラス!

なかなかタンパク質豊富な我ながらナイスなチョイスな朝ごはん。
まぁ、新横浜までには完食する辺りは旅の駅弁ではなく食餌と言う言葉が妥当でしょうか。

名古屋に着いたら向かうは清須市!
あの清須会議で有名な清須城のお膝元に着いたらそこには池村先生が凄いアメ車のキャンピングカーでお迎えに来てくれていました。

池村先生はここ清須市にて柔整整復師として接骨院を開業し活躍されています。

そんな池村先生は自身の解剖学的な知識を持って靴のスペシャリストとして様々なご相談、治療法を確立し活躍されています。

そこで今日は私の長年の悩みである靴の中をぜひ改善していただく為にオーダーによる靴の中敷きを作ってもらう事になりました。

私は自身で靴を履くスポーツは絶対に向いていないと信じきっています。
長年続けた水泳しかり、現在のボディビルしかり。
靴を履かないスポーツが得意だと思っています。
好きなゴルフも15番ホール辺りで足にマメが出来て歩くのは非常に困難になるし、ちょっと旅行して歩く時間が長いと足先の爪が痛くなり、過ぎると剥がれたり…。
普段からも足から来ると思われる腰痛に悩み、有酸素運動でさえリカンベントタイプの自転車が主なチョイスになってしまいます。
トレーニングもなるべく立つより座る種目を選んだりして…。

靴のサイズはと言うといつも29cmを選んで履いていましたが、今回きちんと計測していただいたら何と!!26.8cmと言う驚きの測定が…!

しかし、足幅は4Eを超えFという甲高幅広のいびつな足らしく、この甲高幅広が29cmと言うチョイスをさせていたそうです。

だから足先は遊び、爪を打ち痛くなる現象が起きていた様なのです。
何事も感覚はあてにはならないと強く感じた次第です…。

インナーソールは池村先生曰く、靴の中での足の動きを自然に違和感なく知らぬうちに改善し歩行や立ち姿勢を矯正てくれる働きがあるそうです。
それが改善できさえすればおのずと膝や腰の調子も上向きになる事が期待出来そうですね。

まぁ、地上と唯一接地する部分が足の裏ですから大切な部分です。
これでスクワットもかなりうまく踏めそうな予感!

だいたい市販の靴自体、0.5cm刻みで左右さがあっても違和感があっても仕方なく履いているのが実情ですからおのずとインナーソールを考慮する必要はあるんですね。
池村先生のおかげでゴルフもこれまで以上のスコアが期待出来そうだし…。

出来上がりは予想以上に良さを体感出来ています。
土踏まずにも違和感もなく、心配された圧迫感もありません。
試しに歩くと心なしか背筋がピンと伸びた感じがします。
立位にも不安はないし、これは高い価格の高機能シューズを買ったみたい。
普段履きの靴が新品な感覚になるから不思議。

現在一番靴を履く機会が多いジム内のシューズから試していきます!
憂鬱だった靴を履く事が楽しくなりそう。
池村先生、ありがとうございました!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。