スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポージングセミナー!

昨日はミッドブレス初台でNPCJ主催のフィジーク・ビキニポージングセミナーを開催しました。
*一般社団法人NPCJ*

フィジーク・ビキニのポージングは実は単純なポーズの繰り返しだけに非常に所作が難しくボディビルのポージングとは比較にならない練習の繰り返しが必要です。

一番大切な事は筋肉の造形を崩さずに筋肉にチカラを入れる事。
また、アウトラインが非常に重要な要素だけに肩から広がるライン、外腹斜筋に対するアプローチが大切です。
皆さんも自身の腹筋をいかに良く見せるかを考えた時に思わずクランチの要領で猫背になりながら腹筋を見せるシーンがあると思います。
腹筋の6パックを見せるコツは腹圧をいかに上げて、胃を前に押し出し事が出来るか!?です。
ボクシングの選手の腹筋はきちんと立った姿勢でも割れた6パックを見せてくれます。
お腹にパンチを当てられてる腹筋のトレーニングがいかに重要かを物語っているんですね。

意外に鏡がない場所での自分の立ち位置や筋肉を細部まで収縮させるイメージはつくれないものです。
歩き方も更に重要なポイントになるので、モデルさんがランウェイを歩く雰囲気をよーく見て研究してみてくださいね。

また、審査はジャッジがすることを忘れてはいけません。
いかにジャッジに対して親切に身体をみせる位置にくるかを考えながらポージングをとる必要があるのです。
これは全てのコンテストに言える事です。
ビキニの所作にもフィジーク以上に一定の所作のルールがあります。

ヒップからボトムラインに対してのポージングを意識して、更には履きなれないヒールを履きこなさなければなりません。
いかに練習が必要かが理解していただけるかと思います。
今後もまずは5月31日にむけてポージングセミナーを随時開催し、更には名古屋大会にむけても対策セミナーを開催していきます。
トレーニング以上に大切なポージングレッスンで堂々とした所作が自信の表れになる様に頑張ってやりましょう!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。