スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポージングセミナー 広島!

私はわざわざ広島にお好み焼きを食べに来た訳ではありません!!!

今日は13時から(それまでは自由時間と言う事で)市内のダンススタジオをお借りしてのポージングセミナーを開催しました!

当初はビキニの講師として伊藤ちゃんを招いていましたが、今回のセミナーに女子の参加がなく私が1人でフィジーク、メンズアスリート、ボディビルを担当!!
他に広島大会のジャッジとして2名の方のご参加を頂きました!

今回を機にコンテストの出場を決めたり、フィジークを初めて見る、ステージに立つのも初めてと言うフレッシュな精鋭が集まってくれましたが、誰もが初めてを体験するのは当たり前で、私が単にステージを知っているに過ぎません。

しかし、ステージに立ちコンテストを勝ち取るには様々なアイディアやコツがあるのは確かですからいかにポージングを体得するかは大きなアドバンテージになるのです。

今日はポージングの基本中の基本ともいうべき、フロント、バックポーズ、さらにウォーキングを繰り返し練習していきました。

身体的には素晴らしいものを持っている選手がたくさん集まってくれ、これから西日本は更にレベルが上がるように感じますが、フィジークに限らずボディコンテストは当然ながらあくまでポージングのうまさが勝ち負けを決める重要な要素です。

我々もコンテストを見たりジャッジしているなかで必ず論議になるのが、ポージングの優劣です。
それにより必ず優勝、準優勝の位置が違う重要な要素にも限らずやはり練習不足を感じさせる選手がいるのは非常に残念な事です。
先日のロサンゼルス遠征でも、フィジークに出場した2名が揃って言っていたのはセルジーのポージングセミナーを受講して本当に良かったと言う事です。

ポージングを上手くとるには練習はもちろんですが、センスも非常に重要です。
私はセンスがないと嘆くのではなく、センスは磨く、体得するものです。
センスはいかに所作を感じたままに振る舞い、それがいかに自然に身体を持って表現し、美しく見せるかですが、それは自身を俯瞰する目をいかに持つかです。

俯瞰(ふかん)すなわちいかに客観視して自分を見る事が出来るかです。
鏡ばかりの練習を積むより様々な方々な見ていただく事も必要だし、常に自分を日頃から客観的に見て姿勢一つさえ修正出来る能力を身につけると良いでしょう!
今回集まっていただいた精鋭が16日に更にレベルアップした身体を披露してくれるのを心から期待しています!!

フィジークが終了したらボディビル!!

こちらもフィジークに負けず劣らずなかなかの可能性を秘めた選手が集まってくれました!

今回の西日本大会が初めてのボディビルコンテストと言う方が2名、2回目のコンテストとなる方が1名とフレッシュな方々で楽しいセミナーになりました。
ボディビルはフィジークと違い、フリーポージングもあり、これまたセンスと構成力が必要な競技ですが、そこは今回集まっていただいた方には堺部オリジナルなフリーポージングの秘策とその練習方法を伝授しておきましたから大丈夫でしょう!!

16日の西日本大会には近隣の方々もぜひ足を運んでみてください!
ゲストも厳選?した3人が心臓が張り裂けんばかりに頑張ります!

ビーフはこれまでに見た事がないくらい真剣にダイエットしてコンディションを整えています!

ねっ?真剣でしょ?

パルンボはほっといて大丈夫。

ボディビルには横田のヘビー級を優勝したジェームズ”ビッグ”ストークが出場しますからこれも見ものです!

8月16日の『WEST JAPAN HIROSHIMA OPEN』にぜひ近隣の方々は足を運んでみてください!!
*NPCJ西日本大会 *





Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。