スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日はミスター東京にミスター愛知県!

明日、23日はJBミスター愛知県が開催され、マスターズに岡田先生が万全の体制で出場します!

ここ近年、素晴らしい躍進を見せているのでぜひ落ち着いたステージングで悔いのない、今シーズンラストゲームを飾って欲しいですね!
必ず結果はついてくると思います!!

また、昨年惜しくもミスター愛知県2位になり、先週の東海大会で3位と今年のミスター愛知県の本命であり、優勝が王手の甲村選手!

毎月必ずミッドブレスに来てトレーニングを重ね、地元で黙々と研鑽を重ねた上、昨年以上にレベルアップした身体に仕上がりました。
甲村選手からは毎日の様に自身の身体の写真を撮り送付してくれたので、確実にミールスケジュールから様々なアドバイスが出来ました。
カーボアップも順調で、油断なくポーズが出来れば明日は必ず吉報を送ってくれると私も自信を持って待つ事ができます!
ぜひ頑張ってください!!
また、こちら東京ではミスター東京、50周年記念大会が開催され、記念大会らしく過去のミスター東京覇者が一同に介するそうで、我らがビーフ佐々木ももちろんステージに上がるみたい!!

我らチームNPCJで応援?にいきます!!
もちろん邪魔にならない様に気をつけますが、本番の応援は思いっきり声を出して楽しんできます。
そんなミスター東京、マスターズ50に出場するのが東京オープンを制した平岩選手!

カーボアップ中にもかかわらず、ボディチェックに来ていただき、カーボアップのスケジュールもより精度を高められたかと思います!
ご本人が持参してくれた板橋区の和菓子も今日はNG…(>_<)

仕上がりも今年最高に持って来たので、明日は全力でステージを驀進してもらいたい!

全てが皮一枚のコンディションです。ここで下手に水分を抜いたり、塩分調整を怠ると万全にはなりません。
今頃はぐっすりと明日の自身が立つ表彰式を見ていることでしょう!!
また、明日同時開催の東京フィジークには最初から優勝しかみていない湯浅選手が出場します!

先週のポージングアドバイスから更にコンディションが良くなり、ミールスケジュールもパーフェクトな状態になっているようです。

完全に代謝が上がりきっている状態で正にピークがどんぴしゃ!!
明日は自信を持って座席で観戦していますが、NPCでもパーフェクトスコアが期待出来る仕上がりなのでどんなジャッジになるか、お楽しみ!!
選手の皆さんは早めに就寝してベストな体調でステージを楽しんでくださいね!
フィジークの方は笑顔、笑顔!
もちろんボディビルダーも笑顔でBig Fun!!

我々、一般社団法人NPCJも負けてはいません!
今日のミッドブレス初台にはわざわざ大阪からNPCJ Nagoya Openにボディビルに初出場する森選手がポージング練習に来てくれました!

今が一番トレーニングが楽しい時だそうで、5年目とは思えない素晴らしい体躯をしています!

これまで1人黙々とトレーニングに勤しみ、自身の身体を試行錯誤しながらここまで作り上げて来たその実行力は素晴らしいし、今日、ミッドブレス初台に来た事が次の高いステージへの移行の一歩となればこんなに嬉しい事はありません。
私もポージングとトレーニングをいかにリンクしながら身体を作り上げていくかを森選手の現状に合わせてアドバイスさせていただきました!

もしかしたら、これまでの固定観念を激変させるアドバイスかも知れませんが、本質的には決して王道は外れてはいません。
逆にこれまで以上のハードなトレーニングになる為に頭の柔軟な発想が必要なブレイントレーニングかも知れませんね。

例えばダイエットしているから筋力、筋量が減りヘビーウェイトで筋量を維持すると言う考え方があればそれは全くのナンセンスな話ですよね…。

ダイエットの目的は、減らすのは体脂肪であり筋量は減らさない事です、ら
もし筋量が減るならそれはトレーニングの問題より実施しているダイエット自体に問題があるのです。
例えば炭水化物を食べなきゃ自ずとエネルギーを産出する為に新糖生を行う、すなわち大切な筋肉を分解しているのです。

ケトーシス状態…に身体を移行させる発想自体が私には理解出来ませんし、それで圧倒的なバルクを兼ね備えた日本人を1人も見た事がありません。

ボディビルダー、フィジークは何が目的ですか?
あくまで筋肉をいかに無駄のない体脂肪で見せるかの競技にせっかくつけた筋肉を失う方策を積極的に取る意味がわかりません。
ケトーシス状態はすなわち単純に疾病を持っていたり止むを得ず体重を減らすテクニック…。
そこに筋肉の有無は無視なのです。

ダイエット中でも必ず筋力や筋量は向上します。
まずは自身が筋量が減る事を想定する考え方自体に誤りがある事に気がつくべきです。
そんな柔軟な発想がトレーニングを始めダイエットでも出来ることがステージ、レベルを上げる事にもなるのです!

ぜひ、ニューカマーには積極的にトレーニングに勤しみ、前向きな発想でボディビルを謳歌してもらいたいですね!
兎にも角にも、皆さん頑張りましょう!!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。