スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選手の皆さん、お疲れ様でした!

今日は朝からミッドブレス初台にて久しぶりにパルンボ井若とトレーニング!!
ミスター東京観戦前に早朝、山形天童市からクルマでやってきたパルンボ井若のたっての希望で腕トレーニングを敢行!
眠さやだるさを吹き飛ばすガッツトレーニングになりました!

相変わらずのコンディションの良さを見せるパルンボ井若ですが、まだまだ本格的なダイエットには入っていない様子…。

普通に絞らなくてもいいじゃん!?と言う感じですが本人はダメらしい…。

パルンボ井若の様に普段からコンディションが良いタイプの選手はコンテスト前にはやはり絞りと痩せるの判断が自分ではつきにくくなる傾向があり、普段からこうして第三者がコンディションをみておくとやり過ぎを防止する事が出来、ベストなコンディションを見極めが出来るのでちょくちょく顔を出す事は非常に良い事ですね。

そろそろデカイところのてっぺんに到達するパルンボ井若を見てみたいもんです。

そんなパルンボと早朝トレーニングを終えて向かうはミスター東京の会場になる葛飾シンフォニーヒルズ。

このミスター東京にはミッドブレス初台に来てくれる全ての方々の応援です!
中にはこの業界のヘンなしきたり?や関係者配慮?から顔出しNGの方もいらっしゃるので、大きな声援は控え?メールで様々なアドバイスを送ったり、ラストの調整をメールしたりでまさに一緒に戦っていると言う雰囲気です。

しかし、ミスター東京ボディビルのレベルの高さはもちろんですが、参加者数の多さには本当にびっくり…!
こんな中で仲間であるビーフ佐々木や佐藤茂男!加賀義和!が歴代ミスター東京に輝くとは本当リスペクトです!
しかも、今回で50回目の記念大会!
こーんな粋な記念行事もありました!

歴代にマッスル北村さんがいたり、幻の鉄人末光さんがいたりやはり日本のボディビルの発展の根底にあるのはミスター東京なんだなぁ…と改めてその偉大さを感じてました。

そんな名誉あるミスター東京の優勝に輝くのは誰か?興味深いコンテストでもあります。
また、第1回の記念のミスター東京フィジークには誰がなるのか??
そんなワクワクのコンテストでした。
一方で愛知県ではミスター愛知県が開催され、随時結果が伊藤ちゃんから入り、何と!岡田先生がミスター愛知県クラッシックで見事2位!

マスターズは4位と過去最高の成績に号泣されたそうです。

いゃあ、本当長い間頑張りましたからねぇ…。
岡田先生のボディビル人生最初からを知る私も感無量!
よく頑張り、よく続けてくれました!
素晴らしい!!
しかし、男50歳を越えてこうして感無量、感動して泣けるボディビル。やっぱり最高だわ。
おめでとうございました!!
注目のミスター愛知県は甲村君が見事5位!
優勝を狙っていただけに悔しい思いもあるでしょうが、肝心な事は結果よりいかに自分が成長したか!?です。

私は自分が出場したコンテストのトロフィーや様々なメダルや盾は自宅にはありません。
全て早々に処分するし、それを並べる事もありません。
成績は全て過去のものだし、それが何の自慢にも糧にもならないと思うのです。

自分を成長させるのは絶対に悔しさ、悲しさ、辛さだと思っていますし、トロフィーは前向きな姿勢を決して作らせないとちょっとひねくれた考え方を持っているからです。
トロフィーをみて、あぁ…昔は良かったなぁ…と感じるのは棺桶に入ってからで良いと思うのです。
私は常に成長しつづけたい。

もし、コンテストで自分が納得いかない成績だとしても決して悲観することはありません。
ボディビルは自分との戦い。
いかに自分が昨日より、一週間前より、一年前より成長しているかが重要なのです。
その成長を客観的に第三者にみてもらうのがコンテスト。
優勝しても、予選落ちしても価値は同じです。

良い成績でちょっと高慢になるより、納得いかない成績で謙虚に努力する方が必ずや自分の為になりますよ。

良い成績の方は本当におめでとうございます!
納得いかない成績の方も良く頑張りました!
両者、明日からまたお互い頑張りましょう!

私なんて、ずっと15年以上予選落ちの繰り返し。
だからこそ、今があると思います。

今日、ステージでお見かけした昔の遠藤ジム仲間のNさんの姿を久しぶりに見て本当に感動しました。
Nさんは千葉県大会で予選落ちを繰り返しながらも地道にトレーニングを続けていたのでしょう。
今日のミスター東京マスターズの決勝の晴れ舞台で戦う姿に涙が出る思いでした。
何事も継続は力なり!
これぞ、ボディビルダー魂をみました!

また、いつも温かくご連絡をくれるSさん。
何と60kg近い減量と言う過酷なトレーニングを積まれ、人が変わった様な姿を見てサムライを見た思い。ステージに惹きつけられました。
やはり何事も努力だ、努力。
ステージを見ているとすぐにバーベルを握りたくなりますね。アドレナリンが出まくる!!
そんなミスター東京ですが、注目のフィジーク172cm以下級では湯浅選手がハイレベルな中、見事優勝!

キラリと光るカリスマ性を持った姿が他を寄せ付けない勝利になったのでしょう。

次は全日本制覇に向けて更に頑張って下さい!

今日のコンディションは正に完璧。
アジア、いや世界でも十分に通用する身体を持っていますが、課題はやはり笑顔、ウォーキングなどの所作!
まだまだ日本のジャッジはこの所作まで加点しているとは思えないのですが、フィジークの最大の特徴はこの所作を含めたトータルパッケージ。
ステージを楽しむ余裕が更に良くなる秘訣かも知れませんね。

また、他の選手で気になったのが手のひらの表現力。
全体的にこの小さな改善をする事で良く見える選手がたくさんいましたね。
しかし、湯浅選手、おめでとうございました!!
ミスター東京の優勝は豊島選手!
決して大きな身長ではありませんが、ぎゅうぎゅうに詰まった筋肉が頭一つ抜けていたのかも知れません。
フランココロンブを彷彿させる体躯は全日本でも期待大ですね。
素晴らしい勝利でした。

私が期待し個人的に応援していた寺地選手は残念ながら連続の2位…。
ご本人とはお話した事はありませんが、本当に悔しい思いだと想像出来ます。
ポージングの素晴らしさは抜きん出ていたし、コンディションを外した時を見た事もなく、相当の努力家だと想像しています。
来年はぜひミスター東京を奪取すべく期待を持って観戦に来たいと思います!
頑張れ!寺地選手!
また、私が今回観戦して素晴らしい身体、パフォーマンスだと思い将来のミスター東京候補に挙げる選手は岡部謙介選手。完成された肉体で残るはコンディションだけでしょう。
また肩から腕にかけてのアウトラインがピカイチだったのが、吉田遵選手。途中まで優勝かな…と思うほど光っていました。
松尾泰宏選手も長身ながら素晴らしい太い脚を持ち、将来性で吉田選手と双璧な選手ですね。もう少し評価が高くても良かった印象です!
ニューカマー?と言うカテゴリーで優勝した山根智史選手はトレーニング歴1年?らしく完成された肉体で来年には台風の目となる予感。
こう見ると東京まさに恐るべし…。

選手の皆さん、お疲れ様でした!
明日くらいは好きな物をたらふく食べて身体を癒し家族を癒して感謝して下さいね!
お疲れ様でした!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。