スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


必須アイテムはこれだ!

天高く馬肥ゆる秋!!
最近は湿度も低く、雲も高ーい、素晴らしい天候に恵まれた関東地方!
気温なども過ごしやすくなり、朝晩は肌寒いくらい。
正にロサンゼルスやハワイを彷彿させる季節ですね!

馬が肥ゆると言うくらいですから、今は食欲の秋!
ダイエットから解放された方々もダイエット中の人もあれや、これやをたくさん食べたい時期です!

身体を上手く改善し、発達させたいなら食事の量より回数を増やして行くことが理想的ですが、やはりうんまいお料理は一度にガツンと食べたい気持ちも大切にしたいですね!!
バランス、低脂肪、高タンパクも意識したいのですが、はやり食事が食餌にならない余裕も大切でしょう!

楽しい食事で満足した後にあーぁ…やっちゃった(~_~;)と後悔する方にぜひおススメなアイテムがこれ!!

いわゆる女性の矯正下着のウェストニッパーなるものです。
ボディビルダーやフィジーク、フィットネスの理想的な身体は肩からウェストにくびれたV字ラインですね。
また、ダイエットのスピードが早いと余る皮も気になります。
男性に多いタイプは胃がポコンと出た身体。
腹筋はあるが、お腹が膨らんだ感じはやはり見た目にも印象は悪いはずです。
私もそんなタイプですから、ウェストには非常に気をつけており、約15年前から愛用するのはサラシと腰痛予防ベルトをガチガチに巻いて生活することです。

きっかけは15年前くらいか、月刊ボディビルのインタビュー記事で、ミスター東京の山田新五郎選手の話を拝見してからです。
私は山田さんの日本人離れした迫力ある身体が大好きで、その記事を興味深く読んでました。
確か記憶では身体を大きくしていく中で、お腹の出が気になるので仕事中(中野で中華料理屋さんを経営されているとの事)もサラシを巻いているそうで、そのお陰でウェストラインが良くなったとの事でした。

私は早速、妊婦さんが戌の時期に巻いて安産を祈念するサラシを購入し、ウェストがより細くなる様に毎日巻き出したのがきっかけで、サラシより更に簡単で通気性も良く、腰痛にもいい腰痛予防ベルトに変化した現在も愛用しています!

そんなサラシ愛用の私がたどり着いたのが女性専用のこのウェストニッパー。

伊藤ちゃんも愛用しているそうですが、海外のビキニやフィットネスの選手は当たり前の様に愛用しているアイテムです。
矯正下着と言うくらいですから、横、縦に広がろうとする脂肪や皮、また重力に引っ張られるお腹周りを正に矯正する凄腕アイテム!
まぁ、あくまで女性アイテムですから、ある方にお願いしていただいた次第です。
現在使用中の腰痛予防ベルトより数段丁寧な着用感で必ずフィットしますから腰痛予防にも、ゴルフにも最適。
女性は凄いね。

この矯正下着がどこまで効果があるかは懐疑的な見方もあるようですが、私が思うに身体は必ず成長する方向をきちんと与えれば必ず形を変えると言う事です。
いい例ではありませんが、昔から中国のある地方では見られる女性の足を小さくする纏足も成長過程で過度に小さな靴を履かせ続けて意図的に足を小さくする事ですし、またタイやミャンマーの一部では女性に真鍮の首輪をつけて首を長くみせる部族もありますね。
この首長族と言われる民族の風習は真意はわからないらしいですが、実は首は長くはなりません。
鎖骨や肋骨が真鍮の重さで下に下がり極端ななで肩になり首が長くなる様に見えるのです。
また、ヨーロッパの貴族や社交界では極端にウェストを細く締め上げたウェストニッパーを日常から愛用し、ドレスの綺麗なラインを作り上げたように身体には計り知れない可能性があると私は感じています。
ですから、私もウェストニッパーをしない時に食事をしたら必ず一定時間、胃を手のひらで押してお腹が出ないように気をつけていますが、これだけでかなり効果があると思います。

一般的には矯正下着をつける時間が長いと起立に必要な筋肉を低下させるといいますが、あくまで日常的にハードなトレーニングをする我々には当てはまらないでしょう。
ぜひ、お腹の出っ張り、ウェストラインの矯正、V字ラインが気になる方はお試しをー!!
トリンプやワコールのお店に入る勇気がない!!と言う方は(ほぼ全員…)お知り合いの女性にお願いしてみてください。
私はウェスト76cmを愛用中!!




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。