スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


市川市で身体作り講習会!先生も頑張りました!

今日は市川市の教育委員会からお呼び頂き、市内全ての小学校、中学校の体育主任の先生方に向けた、児童・生徒の皆さんの身体作り研修会に市川市スポーツセンターに行ってきました。

私もわずかながら教卓に立ってはいましたが、すでに20数年前の事。
その当時には身体作りなんてこれっぽっちも考えずに、決められた指導要領のマラソンやバレーやバスケ、剣道をイヤイヤこなすような雰囲気でしたねぇ。
まぁ、その中で2学期にあるソフトボールや野球を一緒にやるのが楽しくて、楽しくて。
先生権限をフルに生かしてピッチャーで4番を私が担当!!
生徒そっちのけで必ず主役で張り切ってました、
毎日、野球が出来たら楽しいのに…と真剣に軟式野球部の顧問に立候補したら主任に、水泳部はどうするんだ!ってめちゃ怒られた事を覚えてます…!
そんなぐうたら先生だった私が現場で活躍する先生方に身体作りをご指導するなんて、エラくなったもんですねぇ。もっと勉強しろ!って事だと受け止めてますが…。

しかし、昨今の体育現場は非常に難しい局面に立っていると思います。

児童・生徒さんの体躯の成長は目覚ましいのに、身体能力を始めとするフィジカル面の低下が言われて久しいこの頃です。
都会化した中で、運動する場所が少なかったり、地元の環境が変化がしたり塾や習い事で時間を忙殺され、子供らしい生活がままならない事も大きいでしょう。
簡単に身体を動かす機会が少なくなったのも原因でしょうねぇ。
私など、三重の田舎に住んでいたので幼稚園も自分で歩いて通園してました。
しかも、その幼稚園の横にある中学校に行く私の近所のお兄さんらは自転車通学が認められるくらい遠方にあったのです。
幼稚園に行くには9時に始まる時は7時に出かけてました。
もちろん小学校の時は8:30ですが、同じく7時でしたね。
下校だって、トイレを我慢して学校をダッシュして家に向かうのに、あまりの遠さに何度途中で失敗したか…(~_~;)
帰ってからは家の周りの田んぼで基地を作るわ、野球するわ、ドロケイするわ、身体をとにかく動かす機会と習慣は身についていましたね。

スポーツに限らず、身体を動かす事は人間、動物に備わった本能です。
だからやるぜ!やるぞ!と思い立ってやるものでは本来ないんですね。
古代から自身が生きて行く上で食を得るには動くしか方法はありませんでした。
だから身体を動かす事と生きるは同義語なんです。
また、子孫を残す、種を繁栄させるには強く逞しい身体が不可欠でした。
強いメスに気にいられるのはもちろん、ライバルである同種のオスを蹴落とす為には立派な体躯ももちろん必要なのです。
筋肉がある、ホルモンが豊富に感じられ、強いオスしか子孫を残す事はできなかったのですね。
それがフェロモンですね。
現代ではそれがお金に変わり、顔に変わり、様々に好みが変化し、身体が丈夫などと言う単純な選択ではなくなりました…(~_~;)
故に身体を動かす意味が重要ファクターでは無くなってしまいました。
古代の価値観で言えば細マッチョすら子孫を繁栄させるのは難しいと言わざるを得ませんねぇ。
最近のラグビーブームでちょっとゴリゴリが見直されれば個人的に嬉しいかなぁ。

ちょっと話が逸れましたが、やはり日常で身体を動かすは大切ですし、それは青年期、いわゆる第2次成長期に習慣化させる事が重要でしょう。

私達はそんな一躍を担える様にとNPCJではキッズフィジークなるカテゴリーを作り出してみました。

スポーツらしいものが習慣化されていたら何でもいいんです。
事前にレクチャーもいりません。
毎日の鬼ごっこでも、草野球でも、水泳でもダンスでもとにかく身体を動かす楽しみから、披露する楽しみに昇華していけばそれはモチベーションになり、スポーツを必ずや習慣化してもらえるでしょう。

手軽にステージを楽しめばおのずと体力低下もなくなり、より健康的な青少年の育成に寄与できると一般社団法人NPCJは考えています。
*NPCJ ホームページ*
ステージは大人だけのものじゃありません!!
小学校でいっぱい遊んでめいっぱい給食食べて、身体を動かせばステージはすぐそこ!!
大人に負けずバリバリ頑張ろう!

しかし、先生ももっと身体を動かして頑張りましょう(*_*)
かなりハードな講習会になりました…。
明日の筋肉痛を楽しむ余裕をぜひお持ちください(^o^)/
ありがとうございました!






Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。