スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山岸プロとハードトレーニング!

昨夜、疲れ果て帰宅したらすぐにベッドでバタンキュー…。
と、言うのも長時間立ち続けた結果、歩く事すら出来なくなった腰痛が原因です。
コンテスト途中からはヨボヨボ歩きしか出来ず、脚は痺れるしもう痛みより苦しみ…。
長い腰痛歴でも過去最高に痛みが酷い。
今は日常生活すら難しくなり、抜本的に治すなら手術しか手立てはないのかなぁ…。
めっきり弱気な毎日です。
そんな訳で今日は山岸プロと久しぶりのトレーニングの約束でしたが、無理をせずあえなく断念しました。
山岸プロの真剣なハードトレーニングを私の腰痛ごときで邪魔しちゃなりませんからね…(泣)
代わりに山岸プロと一緒にトレーニングする精鋭を揃え、合同トレーニングをお願いしました。

私もパルンボ井若も一緒にやる雰囲気だけは出そうと写真に収まりましたが、全くやってません…(>_<)
まぁ、私はこのハードトレーニングの模様から、山岸プロの今年度を振り返った独占インタビューを取り、月刊ボディビル誌に寄稿する事になっています。

ハードトレーニングに驚きのサプリテーションや成長し続ける秘訣は後ほどたっぷりと月刊ボディビル誌に掲載予定です!
ぜひ、お楽しみにー!!
そんなことで本日の山岸プロのハードトレーニングの詳しい中身は後日、月刊ボディビル誌をご覧になるとして今日参加いただいた選手をご紹介しましょう!
まずは今年のNPCJフィジークで3戦を圧倒的なポテンシャルで優勝、先のジャパンレジェンドでは惜しくも3位となり、捲土重来来期をスタートさせた廣川選手!

JBBFオールジャパンフィジークで準優勝した湯浅選手!
湯浅選手は昨年に引き続き合同トレーニングに参加です。

そして未来の逸材、秋澤 雅選手。
秋澤選手は神奈川から定期的にミッドブレス初台に来てパーソナルを受けてくれ、今年のミスター神奈川にも初出場しました!

始めてのコンテストを経験し、来期に向けてバリバリトレーニングを開始していますが、ホームである某ジムではコンテストにも出場していないスタッフやちょっと小さなタイトルを大昔に取ったトレーナーに心ないダメだしを毎回嫌みの様に言われ、非常に悲しい思いをしていると聞きます。
そんなトレーナーは自分を師匠の様に勘違いしているのでしょうかね?
あくまでお客様と言う立場を忘れた勘違いトレーナーに見返す意味でも、また来期に向け素晴らしいモチベーションを得る様にと、今回山岸プロに特別にお願いをし快諾してもらいました!
私の子供より若い秋澤選手がこのトレーニングで何か得て帰ってくれたら最高ですし、我が子の様で心配でなりません。

実はこの山岸プロとの特別合同トレーニングに参加すると翌年には必ず大活躍する不思議な縁を感じさせるパワースポットなんです。

ミスター東京を取った加賀選手も合同トレーニングの翌年に栄冠に輝いていますし、湯浅選手も昨年トレーニングしてからフィジークで準優勝。

本当、私は毎回山岸プロが来日する度に様々な可能性を持ち、将来に向けて頑張る若き選手を山岸プロとの合同トレーニングに参加する様に持ちかけます。
必ずボディビルに対する新しい思いやヤル気に満ち溢れ、必ず壁をぶち破るきっかけとなると思うからです。

山岸プロのパーソナルを受ければアメリカでは200㌦はします。
しかし、山岸プロは私のこんな思いに賛同して決して参加する選手からは料金を受け取らず、パーソナル以上に真剣にアドバイスし、一緒にトレーニングをしてくれます。

トッププロと一緒にトレーニングする機会は自身の長いボディビル歴の中でもまずないでしょうし、更に言えば日本のボディビル界でもトッププロとなった山岸プロとトレーニングした選手はホンの僅かでしょう。

私は過去に山岸プロと数ヶ月におよび濃密なトレーニングパートナーとして鍛錬頂いた期間があります。
毎日、毎回が本当に憂鬱になる位のハードトレーニングでした。
しかし、その期間が私が一番伸びた時期でもあり、一番充実していた時期でもあります。
ただ、その時に感じた山岸プロの並々ならぬプロ魂を目の当たりにし、私が一生かけても追いつけない神レベルだと悟ったものです。
そんなプロとトレーニングする事で怖いもの知らずの若い選手が更に飛躍するきっかけになればこれほど嬉しい事はありません。

私は歳をとり過ぎました。
今回の3人の様ながむしゃらさを見ていると悲しいかな、自覚せざるを得ません。

ぜひ、今回の合同トレーニングのお礼は最高のバルクアップと最高のコンディションを作り上げる事がお返しとなるはずです。
しかし、後にベテランとなり最高の仕上げとコンディションをコンテストで作り上げないととこうしてお叱りを受ける事も忘れずに!

やはり山岸プロはボディビル魂溢れる最高のプロです!






Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。