スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あぁ…セルジオオリバ!!

先週末にフロリダ、マイアミで開催された「NPC National Championships」

この大会はオーバーオール優勝すると念願のIFBBプロカードをゲット出来る誰もが憧れるアマチュア最高峰のコンテスト。
しかもミスターUSAの様なクラス別でのプロカード取得ではないので、NPC National Championshipsでのオーバーオール優勝とはそのままプロコンテストに出場しても遜色ないレベルと見られ、スター街道間違いなし。いわゆるプロコンテストの登竜門的な存在となっています。

そんなスター街道を驀進しようとする2015年NPC National Championshipsで悲願のオーバーオール優勝を成し遂げたのが、ボディビル界のレジェンド、セルジオ・オリバーの息子のセルジオ・オリバーJr。

彼の父親は超有名人であり、ボディビル界にその名を知らない人はいないセルジオ・オリバー。

過去には日本にも来日していますね。

そんなセルジオ・オリバーのフェイバリットポーズと言えばそう、オリバーポーズ。
最近はオリバーよりリープリーストの方が有名かも知れません。

今回のNPC National ChampionshipsでもJrはそのオリバーポーズを見せ、観客を魅了したようです。

Jrは手足が長くなかなかオリバーポーズも間延びした雰囲気で父親やリープリーストの様にはいかないですが、やはり父親を見てきた世代にはたまらない待ちに待った新しいスターの登場でしょう。

彼のコーチは月刊ボディビルでもおなじみのクリスアセトー。
彼の飛躍はクリスのコーチがあってのものかも知れませんね。
父親のオリバー時代にはコーチすらいない、選手が全てを取り仕切る時代。
あのルーフェリグノが父親をコーチにしていたくらいです。
しかし、このオリバーJrも偉大な父親を持ってさぞかし苦労したでしょうねぇ。
日本で言う、長嶋茂雄氏の息子一茂氏の様な感じですが、その人にしかわからない苦労や嫌な事がたくさんあったはず。
華々しいプロ生活になる様に期待してます。
まぁ、アマチュアからたくさんのスポンサーが付いている様ですし、早ければアーノルドにも招待されるかも知れませんね。
プロコンテストで、まずは一勝を上げ初の父子でのミスターオリンピア優勝を期待してます!
頑張れ!セルジオ・オリバーJr。




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。