スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Star Fitness Bronx

今日は朝からトレーニングデイ。
いつものマンハッタンではなく、地下鉄を使ってブロンクスにあるビクター・マルティネスがホームにするハードコアジム「STAR FITNESS」に遠征することになりました。

パートナーはニューヨークに来るといつも一緒にトレーニングしたり、食事をしたりと様々にお世話になる寺前さん。

そんな「STAR FITNESS」はあのヤンキースタジアムがあるブロンクス地区にあるのですが、ブロンクス地区自体なかなかヤバイ雰囲気の街であり、更に地下鉄で奥に向かう駅から人気の少ない場所にポツリとあるまさにハードコアジム。

寺前さんとは地下鉄の125stで待ち合わせ。
と、その前にハードトレーニングに備え、ハードなブレックファースト!
アメ食ファミレスのキング「IHOP」へと行こうとしたらさすがの土曜日…!
満席でかなりの人数がウェイティング中!
1ブロック下がった場所にあるいつものパーキンスに変更!

せっかくのトレーニングデイ、朝からガツンとジャンクと行こう!
と約900カロリー(こちらのメニューには全てカロリー表示が義務付けられてます)のチョコレートシェイクからスタート!

アメリカは場所は限らずどこで、どんな場所で食事をしても必ず全ての料理が日本では2.3人でシェア出来るくらいの大盛り中の大盛りが普通。
最近はオシャレな日本食やフランス、イタリア料理店が出来て、無駄にダサい大盛りはやめよう…という流れは出来つつありますが、やはり何でもデカイほど素敵!!と言う国ですからね、こんな傾向はなくなりはしないでしょう。
まぁ、残りを必ずと行って良いほど持ち帰るので、無駄がないと言えば無駄がありません。
スタバでもフラペチーノの上に乗せるホイップクリームは半円の蓋をして更に蓋が盛り上がるくらい補充してホイップクリームを入れてくれる辺りは私は尊敬するし、逆に日本のちょっぴりホイップクリームを見るにつけ、運営会社のセコい指導に腹ただしい気持ちになります。
アメリカのカフェならアメリカ流のセオリーを導入しろ!!と強く訴えたい( ̄Д ̄)ノ
さすがに持ち帰る事が出来ない大盛りシェイクを1人で飲むにはそれ相当な胃の強さが必要です。

注文したアップルシナモンパンケーキ+エッグ・ベーコンが来る前にすでに胃は満タン…。

トレーニングに支障が出るくらい満腹状態です…。
11時に寺前さんと待ち合わせして向かうは125st駅から北に6駅。

駅の隣には絶対、マイケルジャクソンのスリラーのMTVを撮影しただろ!?
もしくはホーンテッドマンションのモデルだろ?と言う怖さ満載の墓地と古びた教会…(*_*)
まさにハードコアな場所。

さすがに霊でも映り込むとヤバイので教会や墓地の撮影は遠慮しておきました。
しかし、駅周辺には何にもないいわゆる倉庫街なんでしょうか?

そんな中に違和感なく、存在する「STAR FITNESS」

ジムのロゴマークはビクター・マルティネスの地元、プエルトリコとNPCを模した様なジムロゴマーク。

さすがのビクマルは不在でしたが、入った瞬間からテンションが上がる素晴らしいロケーション。

ジムでトレーニングする連中もマンハッタンとはえらい違いの超デカイビルダーばっかり。
あのデラロサもここでトレーニングしており、そんなデラロサみたいな凄い腕や身体をした選手ばかりでした。
デカイ奴だなぁ…と見ると鏡越しにフィジークのポージングを練習しているし、やはり「STAR FITNESS」は一味違うハードコアジム!

フリーウェイトやマシンも種類豊富で、ジムも週末以外は24時間営業!

ビジター料金は10ドルとこりゃあ、トレーニング基地は決まりだな…。
さぁ、気合い入れてトレーニング開始だ!











Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。