スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GO!レンジャーズ!!

バッグの聖地?
マジソンスクエアガーデンのアリーナに一歩足を踏み入れたら、そこは巨大なアイススケート場に巨大な4方に見渡せるスクリーン!

まさに巨大!!
8万人のスタジアムの方がもちろん巨大ですが、こんな巨大なアリーナでスケートを見るのも初めて!

試合開始前か、お客さんはパラパラ…。

センター頭上のスクリーンがとにかく見やすいし、シートもゴール真裏の非常に近い席と抜群のロケーション!

スケートリンクをプロジェクションマッピングして様々な映像を流し、気分は最高潮!
それはアメリカ国家斉唱で最高に盛り上がる!

すると長~いプロジェクションマッピングの後に選手が次々と入場!
チョーカッコ良い!

場内が明るく照らされた時には爆破したくらいの歓声が鳴り響く!

そんな時間にはアリーナはチョー満員!!
凄すぎる…(*_*)
試合はパックの交錯や選手の交代が早すぎて何が何かわからない!!
選手はだいたい1分で次々交代するし、知ってる選手はいないし、みんなズーズー言ってるし…?

でもパワーゲーム中(2分の退場選手がいる場合)に非常に得点されやすく、一番ホットに応援する時間は楽しい!

3セット、20分で争われるアイスホッケー!
途中にはセレブ来場も紹介され、今日は女優のスーザンサランドンさんが来てました。
休憩も20分と食事タイムにはぴったり!

パンよりパストラミだけを食べてるサンドイッチは最高だ!

やっぱりアイスホッケーなだけにアリーナ内は非常に寒い!
スタジアムの様な風がないだけで冷え込むのは当然と言えば当然!
冷凍庫の中にいるようだもん。

しかし、いざゴールとなるとお祭り騒ぎを通り越し、怒号が飛び交うのはアメフトなみ!

でも、非常に気になったのが観客の人。

まず、黒人の姿を一切見ません。
野球やアメフト、ましてやバスケットには黒人の数の方がより多いのに、アイスホッケーに限っては選手ももちろん、観客にも黒人の姿はありません。
まぁ、選手は北欧やカナダなどが中心ですから、おらが町!みたいな雰囲気はないとは言え、人種のるつぼとも言うべきニューヨークでこの偏りは一種の寒気を感じてしまいました。
やはり金がかかるスポーツをやるにはそれなりの資金力をいかに親が持つべきなのか?
アメリカに限らず富裕層は白人が本当に多いのがよく理解できた、不思議な感覚でした。

ゲームは4-3とゲームとしては非常に面白い展開!
特にラストの2分辺りではゴールキーパー不在の6人全員が攻めるハリケーンズと守るレンジャーズは盛り上がりました!

ゲームは無事、ニューヨークレンジャーズの勝ち!
負けたカロライナハリケーンズはファンがいなかったと言うくらいいくらゴールしても歓声さえ湧かず、これがホームの温かさ、アウェーの厳しさかと知らされました。

本日のマンオブザマッチはズーズー言ってた意味がわかった、マッツ・ズッカレッロ!

もちろん帰りはマッツ・ズッカレッロのネームシャツを購入!
やっぱり生観戦は楽しいが名残り惜しい…(*_*)

MSGを十分堪能したらやっぱりお腹は空いた!
ニューヨークで一番美味しく、行列が出来るハンバーガーショップ、シェイクシャックに行こう!

100%ナチュラルアンガスビーフパティを使用したスペシャルハンバーガー。
価格もマックほどじゃないけど、今やニューヨークのどのお店も長蛇の列。

もちろん味は最高!

もっと最高はピーナッツを食べてるようなピーナッツバターシェイク!

マジ美味い!
今や東京上陸を果たし一番人気なのもうなずける!
帰りはこれまた大好きサバランを買って帰ろう!

他のケーキも捨てがたい…。

サバラン、名前だけでも酔っ払うよなぁ…。




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

堺部元行

Author:堺部元行
1964年3月19日生まれ
フィットネスジムミッドブレスのヘッドパーソナルトレーナー。

■資格
保健体育教諭免許(中学1種 高校1種)
日本日本水泳連盟2級水泳指導員
日本ボディビル連盟2級指導員
加圧トレーニング本部公認 加圧トレーニングインストラクター

■競技歴
小学生より水泳を始め、大学、社会人となるまで競技水泳を実践。
全日本選手権、国体 等で多数優勝経験あり。
26歳よりボディビルを始め、1995年にJBBF千葉県ボディビル選手権にて優勝。
10年のブランク後、42歳で横田基地で開催された2007年日米フレンドシップボディビル選手権に出場しライトヘビー級で準優勝。
2009年横須賀基地ボディビル選手権で優勝。
2009年JPCジャパンナショナルズボディビル選手権にて優勝。

■指導歴
日本体育大学体育学部体育学科卒業後、同大学水泳研究室にて2年間助手を務め、水泳理論、競技水泳の研究活動を実施。
その後、13年間教育機関にて保健体育の教諭として従事。
退職後、大手フィットネスクラブに入社。
店舗の管理監督、運営を推進。同時に新入社員の教育、トレーナー育成の担当となる。
2000年より、トレーニング・ボディビルの雑誌の記事取材を担当。
2001年より千葉県市川市の委託を受け、市川市公認スポーツ指導者育成講習会の講師として活動中。
2007年に都内を中心に、ゴルファー・競輪選手・ボディビルダーへの指導、高校・団体の球技チームのストレングスコーチ、一般男女向けのトレーニング&ダイエットアドバイザーを実施。
2010年、加圧トレーニング本部公認、加圧トレーニングインストラクター取得


最新記事


QRコード

QR


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。